松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

迷走の果てのトム・ソーヤー/小説家マーク・トウェインの軌跡

(著者)後藤和彦  

迷走の果てのトム・ソーヤー/小説家マーク・トウェインの軌跡
判型 四六判上製
ページ 418ページ
価格 3,000円(税別)
ISBN 978-4-88198-933-3
略号
発売日 2000年4月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

アメリカを代表する作家「マーク・トウェイン」という仮面の陰に抑圧された実人格「サム・クレメンズ」。この仮面と実人格の分裂を、南北戦争と南部ミズーリ、さらに父と兄の威圧する家族へと遡り、それらとの深刻な葛藤の過程として作家の生涯をたどる評伝研究。

目次

序 マーク・トウェインと小説
1 迷走の起源 初期ルポルタージュ作品、父、兄、そしてサム・クレメンズ
2 トム・ソーヤー誕生 サム・クレメンズと「マーク・トウェイン」のはざま
3 「テリトリー」に逃げ出すこと 『ハックルベリー・フィンの冒険』と南部
4 宿命転換の行方 『アーサー王宮廷のコネティカット・ヤンキー』と南北戦争再見
5 切断の意味、あるいは父殺しふたたび 『まぬけウィルソン』の決意
6 終わりの意識 自伝と未完の小説

結び
参考文献
索引

掲載情報
著者紹介
  • 後藤和彦

    1961年、福岡市生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授。アメリカ文学専攻。著書に『迷走の果てのトム・ソーヤー──小説家マーク・トウェインの軌跡』『敗北と文学──アメリカ南部と近代日本』(松柏社)。