松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

【イギリス文化・総合教材】Britain Today: Culture, Society and History/英国の今:文化・社会・歴史

(著者)James C. House  三好道子  

英国の今:文化・社会・歴史

Level:★★★★★
Level:★★★
教授資料 教室用CD 音声ストリーミング 教授資料
判型 B5
ページ
価格 1,980円(税別)
ISBN
略号 775
発売日 2022年4月
先生用資料 教授資料(解答/試訳)/教室用CD/音声ストリーミング
授業支援ツール 単語テスト

※教科書のご審査用見本のご請求は、大学にて一定人数が受講するクラスで教鞭をとられている先生のみお願いいたします。
※高等専門学校、高等学校、専門学校、学習塾等は、お問い合わせフォームをご利用のうえご相談ください。ご審査用見本等はお届けできない場合がございます。

注文・見本請求・採用通知・授業支援ツールをご利用の方はログインをお願いします
※先生アカウントのみ対象となります

解説

ウェールズの歌の世界、スコットランドの風力発電、ジョン・ル・カレの文学と政治性、スポーツ界における女性とジェンダー、気候変動との闘い、警察権限拡大の危険、教育制度が生む分断……多面的な英国の今を、BBCスコットランドのアナウンサー等の経歴を持つ著者が読みやすく豊かな英語で描く。使い易さに徹底的にこだわりました! 

►対面授業にもオンライン授業にも対応可。

姉妹編America Todayも同時刊行。

 

★本書の構成★

・Warm-up

これから読む英文パッセージで出てくるキーワードについて正確に描写しているセンテンスを選ぶ3択問題(2問)

・Let's Read!

300 words 程度の平易ながらも読みごたえのあるパッセージ。脚注付き。

・Comprehension Questions

パッセージの内容を正確に捉えているかを図る3択問題(7問)

・T/F Questions

パッセージの内容を正確に描写しているセンテンスならば T、していないセンテンスならば F を選択する問題(3問)

・Writing Questions

パッセージ中に登場した重要表現を使って、並べ替え英作文をする問題(2問)

・Let's Listen and Talk!

イギリスに留学中の日本人大学生と、大学の先生やイギリス人の友人の、Let's Read!で読んだテーマについてのDialogueをシャドーイングする。ペアやグループで一緒にシャドーイングしてもベター。

・Comprehension Questions

Dialogueの各セリフの内容を正確に捉えているかを図る3択問題(7問)

・Summary

Dialogueの内容を40 words 前後で描写している短いパラグラフ中の重要語を音声を聞いて空所補充する問題(空所は5問分)

・Your Turn

ペアやグループで、発話の練習をする。ここではA役とB役に分かれ、英語と日本語のヒントを大いに利用しながらロールプレイング形式で英会話にチャレンジする。

目次

Chapter 1        Top Issues 英国の抱える最大の問題点
Chapter 2        Wales 歌声の国ウェールズ
Chapter 3        The Royal Family エディンバラ公爵フィリップ殿下逝去
Chapter 4        Clubbing Experiment リバプールでのイベント実験
Chapter 5        Cyber Crime 英国でのサイバー犯罪
Chapter 6        Technology & Politics in Scotland 海上風力発電所
Chapter 7        Sport 女性選手の活躍──勝利したジョッキー
Chapter 8        The Third Age 第三世代
Chapter 9        The New Nationalism 英国は世界から孤立するか
Chapter 10      Literature & the Arts ジョン・ル・カレ
Chapter 11      Environment  気候変動と地球の危機
Chapter 12      The New Crime Bill 警察権限拡大の危険
Chapter 13      Vaccination & Freedom Day ワクチン接種と自由の日
Chapter 14      Education: Disparity & Division 教育格差と社会の分断
Chapter 15      Britain’s Future ブレグジット以降の英国の未来

 

掲載情報
著者紹介
  • James C. House

    元明治大学情報コミュニケーション学部教授。ロンドン大学で英文学・英語学を学び、ケンブリッジ大学大学院で音声学を学ぶ。来日前は、グラスゴー、エディンバラ、ロンドンにおいて弁論、演劇を教える。劇場やテレビでの俳優活動や、BBCスコットランドでのアナウンサー経験も持つ。1982年に来日し、1984年より明治大学にて教鞭をとる。1993年に明治大学短期大学の助教授、1998年に教授となり、情報コミュニケーション学部教授を経て2018年に退職後、明治大学リバティアカデミーで講師を務める。また、喜劇グループ「ザ・ガイジン」の共同創始者でもあり、NHKラジオ英会話講座で8年間出演者を務めた経験も持つ。その他に、高校や大学の教科書の執筆にも携わる。

  • 三好道子

    明治大学、明海大学、千葉商科大学兼任講師。米国バーモント州School for International Trainig 大学大学院修了退学(英語教育学修士)。

     

関連書籍
  • Reading Contemporary America: 15 Critical Views of Culture and Society/「問題意識を持って読むアメリカ 15のトピック」

  • Reading Contemporary Britain: 15 Critical Views of Culture and Society/『問題意識を持って読むイギリス 15のトピック』

  • Exploring Landscapes of Culture & Communication/英語で学ぶはじめての異文化コミュニケーション論

  • Modern Britain: Culture, Society and History/現代英国の文化・社会・歴史

  • Modern America: Culture, Society and History/現代米国の文化・社会・歴史

  • 【英語圏文化・総合教材】Global Perspectives in the English-speaking World: Past and Present/グローバル・マインドへの道:英語圏の歴史と文化

  • 【アメリカ文化・総合教材】America Today: Culture, Society and History/米国の今:文化・社会・歴史