松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

映画が描くアメリカの「病」/その根源と流れを探る

(著者)小野俊太郎  

映画が描くアメリカの「病」/その根源と流れを探る
判型 四六判
ページ 356
価格 2,200円(税別)
ISBN 978-4-7754-0278-8
略号
発売日 2021年7月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

現代アメリカの病巣は一世紀前から映画に描かれてきた!

150年にわたる黒人差別を始めとしたアメリカが抱える多様な「病」の多くが、新型コロナウイルスに襲われたアメリカ社会で噴出した。そうした状況を過去のいくつもの映画と関連づけて論じる。人種差別、組織犯罪、エッセンシャルワーカー差別など、アメリカの病巣を名場面から読み解く。

 

 

目次

序章 映画が描くアメリカの病巣

第1章 移民国家という神話

第2章 移民の受け入れと選別

1 チャップリンと移民

2 移民たちの百年

第3章 犯罪者たちとFBIの相克

1 組織犯罪とマフィア

2 組織犯罪とFBI

第4章 麻薬とテロリズムの制圧

1 アルコールから麻薬へ

2 テロと暗殺のアメリカ

3 テロリズムの多様化と9・11

第5章 キャンプでの人間改造と帰還兵

1 アウトドアとセルフメイドマン

2 サマーキャンプからブートキャンプへ

3 戦争帰還者の受け入れ

終章 コロナ禍時代のトラッカー

 

あとがき

参考文献

掲載情報

■『キネマ旬報』2022年1月上・下旬合併号〈映画・書評〉のコーナーに書評が掲載されました

(中略)著者は、こうした痕跡を数々の作品に確認するとともに、巨大IT企業がさらに飛躍を遂げたコロナ禍の今日、アメリカ映画が描き出し始めた新たな暗部は、情報産業のいわば手足に組み込まれた物流に携わるエッセンシャルワーカーへの搾取だと示唆する。──鈴木透(アメリカ文化研究者)

著者紹介
  • 小野俊太郎

    1959年、北海道札幌市生まれ。東京都立大学卒業。成城大学大学院英文科博士後期課程単位取得退学。成蹊大学などで教鞭を執る。著書に『ハムレットと海賊──海洋国家イギリスのシェイクスピア』、『『東京物語』と日本人』(上記すべて松柏社)、『ドラキュラの精神史』〈フィギュール彩77〉、『新ゴジラ論──初代ゴジラから『シン・ゴジラ』へ』、『太平洋の精神史──ガリヴァーから『パシフィック・リム』へ』(上記すべて彩流社)、『ガメラの精神史──昭和から平成へ』、『快読 ホームズの『四つの署名』』、『「クマのプーさん」の世界』、『[改訂新版]ピグマリオン・コンプレックス──プリティ・ウーマンの系譜』、『『トム・ソーヤーの冒険』の世界』(上記すべて小鳥遊書房)など多数。

関連書籍
  • アメリカ/文学史・文化史の展望

  • 映画記号論入門

  • アメリカ文化のホログラム

  • 文学的アメリカの闘い/多文化主義のポリティクス

  • クローテル/大統領の娘〈アメリカ古典大衆小説コレクション 10〉

  • 映画でわかるアメリカ文化入門

  • 映画でわかるイギリス文化入門

  • アメリカ文学必須用語辞典

  • フォークナー 第11号/特集 フォークナーと映画

  • 人間になるための芸術と技術

  • 映画でレポート・卒論ライティング術

  • 映画・文学・アメリカン

  • 『東京物語』と日本人

  • ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア