松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

アメリカのロマン派文学と市場社会

(著者)マイケル・T・ギルモア   (訳)片山 厚   (訳)宮下雅年  

アメリカのロマン派文学と市場社会
判型 A5判上製
ページ 250ページ
価格 3,300円(税別)
ISBN 978-4-88198-833-6
略号
発売日 1995年8月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

19世紀初頭から南北戦争にかけて市場体制に転じたアメリカ合衆国で、作家はいかに苦闘したか。エマソン、ソロー、ホーソン、メルヴィルらに愛憎半ばする姿勢を読み取り、19世紀アメリカ市場経済社会における芸術家の肖像を新たに描き出す。

目次

日本語翻訳版によせて
謝辞
序章
一 エマソン― つきまとう商品
二 『ウォールデン』と「商売の呪い」
三 ホーソーン、メルヴィルと民主的大衆
四 市場で語る― 『緋文字』論
五 芸術家と市場― 『七破風の館』論
六 首を売る― 『モビー・ディック』論
七 「書記バートルビー」と経済の転換
終章
訳者あとがき
索引

掲載情報
著者紹介
  • マイケル・T・ギルモア

    ブランダイス大学教授。専攻はアメリカ文学。著書に American Romanticism and the Marketplace(University of Chicago Press)(『アメリカのロマン派文学と市場社会』)、The War on Words(University of Chicago Press)がある。

  • 片山 厚

    1931年生まれ。北海道大学名誉教授。専門はアメリカ文学。訳書にマイケル・T・ギルモア『アメリカのロマン派文学と市場社会』(共訳、松柏社)など。

  • 宮下雅年

    1950年生まれ。北海道大学名誉教授。主な研究領域はマイノリティ研究。訳書にワイ・チー ディモック/マイケル・T・ギルモア『階級を再考する──社会編成と文学批評の横断』(共訳、松柏社)、マイケル・T・ギルモア『アメリカのロマン派文学と市場社会』(共訳、松柏社)。

関連書籍
  • アメリカ/文学史・文化史の展望

  • アメリカン・ルネサンスの現在形

  • アメリカ文学必須用語辞典

  • アメリカ文学史

  • アメリカ文学のアリーナ/ロマンス・大衆・文学史

  • 映画・文学・アメリカン

  • アメリカ短編ベスト10

  • 痕跡と祈り/メルヴィルの小説世界