松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

幻視の地へ/ヨーロッパ文学におけるヴィジョンの諸相

(著者)山影 隆  

幻視の地へ/ヨーロッパ文学におけるヴィジョンの諸相
判型 A5判
ページ 496ページ
価格 3,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0003-6
略号
発売日 2002年1月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

解説

故・山影隆氏が発表した論文をすべて収録。氏が考察したのはダンテからドロシー・ワーズワスまでと多岐にわたるが、根本において氏が追い求めていたものはまさに「ヴィジョン」の探究であった。佐々木充氏による「解説」にて山影隆の研究動向の詳細がわかる。

目次

 佐藤徹郎

一、ヴィジョン編
1 G.M.ホプキンズの内景世界
2 ヴィジョンの諸相
3 ヴィジョンの諸相──ウィリアム・ブレイク―

二、変容編
1 ブレイク『ヨブ記挿絵集』──個の変容
2 ウィリアム・ブレイクに於ける両性具有と半陰陽
3 隠れたる異神──『ファウスト 悲劇の第二部』覚書
4 プロメーテウスの変容

三、ミューズ編
1 天上の詩女神Uraniaとその影
2 ブレイクに於ける詩女神の位相
3 ミューズのトポス──その地誌的風景詩に於ける展開
4 ミューズ・眼・迷宮──ジェイムズ・トムソン『四季』編
5 ジョン・クレアの初期詩──召命と詩的構造

四、自然編
1 ジョン・クレア『羊飼いの暦』──詩意識と詩的構造
2 ミューズの変容──ジョン・クレア序説
3 大江健三郎『新しい人よ目ざめよ』と『懐かしい年への手紙』におけるブレイクとダンテの引用詩句とその用法
4 鳥の詩歌の変奏──ジョン・クレアとイギリス・ロマン派詩人
5 仮寓・定在・変移──ドロシー・ワーズワス「オルフォックスデン日記」「グラスミア日記」における花鳥風月の世界
6 「なぜ田園(カントリーサイド)なのか」──スーザン・ヒル『魔法の林檎の木』とフレイザー・ハリソン『生ける風景』から
 

解説 佐々木 充
おくがき 深澤助雄

掲載情報
著者紹介
  • 山影 隆

    (1945-2001)『幻視の地へ──ヨーロッパ文学におけるヴィジョンの諸相』(松柏社)、栗原隆編『芙蓉──山影隆先生追悼文集』(山影隆論文集刊行会)。

関連書籍
  • D・H・ロレンス/詩と自然

  • 英文学の内なる外部/ポストコロニアリズムと文化の混淆

  • ヨーロッパの文化・文芸とケルト/学問を野に放つ試み

  • 宮沢賢治『春と修羅』AN ASURA IN SPRING

  • ロマン派の空間

  • 詩的言語のアスペクツ/ロマン派を超えて

  • 詩について/アンドルー・マーヴェルから

  • アントニー・スウェイト対訳詩選集