松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

象徴の騎士たち/スペンサー『妖精の女王』を読む

(著者)早乙女 忠  

象徴の騎士たち/スペンサー『妖精の女王』を読む
判型 四六判上製
ページ 242ページ
価格 2,800円(税別)
ISBN 978-4-88198-961-6
略号
発売日 2001年6月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

「真に生成する物語であり、ここで文学の全体が活力のある姿となって再生する」との指摘もある物語『妖精の女王』を、豊かな象徴性と近代的な自意識、それらを七つのテーマ(ミルトン、時間、自然、想像力、自我、言語、オウィディウス)にそってさぐる。

目次

一 ミルトン
二 時間
三 自然
四 自我
五 言語
六 オウィディウス
あとがき

掲載情報

■『中央評論』(中央大学)2001年秋季号に書評が掲載されました

この二人(スペンサーとダン)の詩人を論じたのが二冊の本書──本学で長く教鞭をとられた早乙女忠教授が十年余にわたる論考をまとめられた新刊二点である。(中略)『妖精の女王』は、12の私徳を表わす騎士たちを、次いで12の公徳を表わす王たちを物語る作品として構想された。「楽しませ、かつ教える」という西洋の古典的文学論が背後にある。しかし『象徴の騎士たち』の著者は、作品の内実が当初の公式的な構想と一致するとは限らないと見抜く。スペンサーの内なる詩人が道徳家にまさるというか、実際の作品では詩想があふれ出てくる。徳の称揚どころか、人間の弱さへの共感さえにじみ出ている、と著者は見る。「弱さこそ人間の証し」という命題を著者が引き出しているのは印象的だ。──青木和夫(中央大学文学部教授・英文学)

著者紹介
  • 早乙女 忠

    (1930-2016)東京都出身。中央大学名誉教授。専門はイギリス文学。旧・東京都立大学大学院人文科学研究科(英文学専攻)博士課程修了。著書に『想像力と文体』(南雲堂)、『花のある森』『森の中で』(朝日イブニングニュース)など。訳書にロバート・ブラウニング『ハーメルンのふえふき』〈世界のメルヘン絵本〉(小学館)、パディ・キッチン『詩人たちのロンドン』 (朝日イブニングニュース社)、リチャード・A・レイナム『雄弁の動機』 (ありな書房)、J・R・R・トールキン『農夫ジャイルズの冒険』 (共訳、評論社)など。

関連書籍
  • 幻視の地へ/ヨーロッパ文学におけるヴィジョンの諸相

  • ロマン派の空間

  • 詩人と新しい哲学/ジョン・ダンを考える

  • 詩的言語のアスペクツ/ロマン派を超えて

  • 詩について/アンドルー・マーヴェルから