松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

野生の果実/ソロー・ニュー・ミレニアム

(著者)ヘンリー・デイヴィッド・ソロー   (訳)伊藤詔子  城戸光世  

野生の果実/ソロー・ニュー・ミレニアム
判型 A5判上製
ページ 352ページ
価格 3,000円(税別)
ISBN 978-4-7754-0011-1
略号
発売日 2002年11月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

150年間解読困難なまま眠っていたソロー最後の手稿『野生の果実』が、ニューミレニアムを期してテキスト化され、その日本語版をソローの残したイラストも含め復元した貴重な一冊。先住民の歴史と共にあったアメリカ大陸の果実の文化史を浮かび上がらせる。

目次

はじめに
編者による序

春の果実
ニレ
タンポポ
ヤナギ
ショウブ
エゾノチチコグサ
カエデ
イチゴ
沼地リンゴ
ヤナギ
ザイフリボクの実
早咲き低地ブルーベリー
低地レッドブラックベリー
栽培種サクランボ
ラズベリー
クワの実
シンブルベリー
高地ブルーベリー
遅咲き低地ブルーベリー

夏の果実
ブラックハックルベリー
悪臭アカスグリ
ニワトコ
北部野生レッドチェリー
サルサパリラ
低地ブラックベリー
野生グズベリー
オトギリソウ
穀草
ツリフネソウ
野生ヒイラギ
カブ
ホロムイソウ
ザイフリボク
ツマトリソウ
ザゼンソウ
ヒコザクラ
ツバメオモト
ヒメチチコグサ
毛様アマドコロ
高地ブラックベリー
チョークチェリー
イチイ
野生リンゴ
互生ミズキ
沼地デューベリー
北米産ウルシノキ
棘のあるウド
ヒヨドリジョーゴ
エンレイソウ
コミズキ
ペポカボチャ
ブラックチェリー
クロスグリ
オオルリソウ
アザミ
コホッシュ
普通種クランベリー
スイカ
アメリカニワトコの実
遅咲きホートルベリー
歯状ガマ
プラム
有毛ハックルベリー
マスクメロン
ジャガイモ
ハダカガマズミ
ヨーロッパナナカマド
シロミズキ
アメリカミズキ
ノボロギク
無毛ウルシ
ノコギリ草
早咲きのバラ
ヤナギラン
洋ナシ
モモ
水生ギシギシ
クササルトリイバラ
テンナンショウ
ドクウルシ
ウールグラス
ヤマゴボウ
アメリカホドイモ
普通種モチノキ
カンショウ
ガマ
サンザシ
三葉アマドコロ
ツキヌキソウ
双葉アマドコロ
メギの実
無毛モチノキ
アカザイフリボク
巻毛状ミズキ
アマガマズミ
ヌマウルシ
カボチャ
シロトネリコ
ツルアリドウシの実
ドクミズキ
ツタウルシ
野ブドウ
ユキザザ
ヌスビトハギ
ツルウメモドキ

秋の果実
ハシバミ
メデオラ
エンドウ
インゲンマメ
ヨーロッパクランベリー
サッサフラス
バターナッツ
ペルタンドラ
ラテンミズアオイ
ユリ
ゼニアオイ
ニオイキイチゴ
チョウセンアサガオ
シオデ
カエデガマズミ
クロトネリコ
スイートブライア
スイカズラ
ホップ
アメリカナナカマド
ランタナガマズミ
低木オークのドングリ
レッドオークのドングリ
ブラックオークのドングリ
ホワイトオークのドングリ
ドングリ一般
紅色エンレイソウ
ニッサ
ストローブマツ
ヤブマメ
ノボタン
マンサク
シスタス
イヌホオズキ
タヌキマメ
マコモ
雑草類
ブナ
遅咲きのバラ
クマベリー
ビーチプラム
トウワタ
ニオイベンゾイン
ヤナギタンポポ
ヤチヤナギ
クレマチス
アセビ
ハギ
マロニエ
ベーラムノキの実
ドクゼリ
シナノキ
タニワタリノキ
ニオイヒバ
サトウカエデ
ハイビスカス
トウモロコシ
ハナミズキ
マルメロ
タコウギ
アメリカツガ
クロトウヒ
カラマツ
エノキ
クリ
クルミ
ヒマラヤスギ
ヒメコウジ

クログルミ
キハダカンバ
ハンノキ
ヒッコリー
チョウセンアザミ
アキノキリンソウ

冬の果実
シラカンバ及びクロカンバ
リギダマツ
葡匐性ビャクシン
冬の果実

植物名インデックス
地名インデックス
参考文献
引用文献

掲載情報

■ 『読売新聞』2003年1月12日に書評が掲載されました

若い男の名はヘンリー・デイヴィッド・ソロー。十九世紀半ばのアメリカ・ニューイングランド地方の青年である。ウォールデン池の湖畔に独居して自然の中で暮らし、読書と瞑想と自然の記録を出版した。『ウォールデン、森の生活』。自然環境文学の古典、いや聖典である。本書は、その青年が植物界におけるファーブルのような仕事もしていたことを知らせる。美しい本だ。──千石英世(文芸評論家)

 

■『サライ』2003年1月23日号に紹介が掲載されました

本書は題名通りに、ラズベリー、ハシバミ、マルメロなど180種近くの野生動物の果実について、主に実体験に基づいて詳しく記している。故事来歴や先住民の生活との関わりなどについても書かれていて、興味深い。(佐)

 

■『家庭画報』2003年4月号、BOOKのコーナーに書評が掲載されました

「離れた丘や沼地へ行くのによくバケツを持って、自由と冒険心を感じながら丘を横切っていたことを思い出す。そのような自分の存在の広がりを、世界の全学問と引き替えてくれると言われても私は断る。」

 自然と向き合うその姿勢は、むしろ、21世紀にこそ意義を深めるものとなるに違いない。ソロー没後140年を経て、1999年についにアメリカでも公刊された知られざる古典。本当の英知が、ここに。──城戸朱理(詩人)

 

■ 『アメリカ文学研究』(2003年4月)に書評が掲載されました

(略)読み終えて私が強く感じたのは、本書が、俳諧において季語で分類された歳時記に似た体裁を持つことである。本書は数字ではなく植物、特に果物で季節を知るカレンダーであると先に述べたが、ソローが語る植物の様子は季語として読者に季節を教え、生きた季節感を与えてくれるのである。──岩政伸治(白百合女子大学教授)

 

■ 『花時間』2003年5月号に書評が掲載されました

登場する果実は草花の種から野菜、樹木の実まで、春夏秋冬に分類された180種以上。これらの実りがカレンダーのように日付とともに記され、森の生命の移り変わりが克明に記録されているのです。──澤井司

 

著者紹介
  • ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

    (1817-62)アメリカの作家・思想家・詩人・博物学者。マサチューセッツ州コンコード市出身。代表作に『ウォールデン 森の生活』(1854年)。

  • 伊藤詔子

    広島大学名誉教授。専門はアメリカ文学・文化、環境文学、エコクリティシズム。著書に『ディズマル・スワンプのアメリカン・ルネサンス──ポーとダークキャノン』(音羽書房鶴見書店)、『はじめてのソロー──森に息づくメッセージ』(NHK出版)、『よみがえるソロー』(柏書房)、『アルンハイムへの道』(桐原書店、1987)、『トランスパシフィック・エコクリティシズム──物語る海、響き合う言葉』(共編著、彩流社)、訳書にポール・ルイス著/ケン・ラマグ絵『ゾンビで学ぶA to Z──来るべき終末を生き抜くために』(小鳥遊書房)など。

  • 城戸光世

    広島大学大学院 総合科学研究科地域研究講座 准教授。専門は19世紀アメリカ文学、旅行文学。著書に『繋がりの詩学──近代アメリカの知的独立と〈知のコミュニティ〉の形成』(共編著、彩流社)、『越境する女─―19世紀アメリカ女性作家たちの挑戦』(共編、開文社出版)。訳書にメーガン・マーシャル『ピーボディ姉妹』(共訳、南雲堂)。

関連書籍
  • 交感と表象/ネイチャーライティングとは何か

  • ケープコッドの潮風

  • デザート・クァルテット/風景のエロティシズム

  • 大切な場所/ケープコッドの四季

  • 緑の文学批評/エコクリティシズム

  • 文学的アメリカの闘い/多文化主義のポリティクス