松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

ケープコッドの潮風

(著者)ロバート・フィンチ   (訳)村上清敏  

ケープコッドの潮風
判型 四六判上製
ページ 220ページ
価格 1,800円(税別)
ISBN 978-4-88198-832-9
略号
発売日 1995年7月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

アメリカン・ネイチャーライティングのもう一人の担い手ロバート・フィンチ、本邦初登場。ピューリタンが上陸しソローが辿ったアメリカの原点たるケープコッドを舞台に、さまぎまな生き物たちの生と死が凝視される。ソロー『コッド岬』の現代版とも呼ぶべき一冊。

目次

日本語版序文
序文


砂丘の小屋で過ごした夜
浜辺のウ
傷ついたユキヒメドリ
荒野の体験
シロフクロウ
遡上地点での野生
アビ
屋根ふき
風の効用
湿地帯のキツネ
潮の指
ヤマシギの飛翔
夜明けの散歩
十一月の森
絶壁のカツオドリ
冬至
土地の神々
「死者の指」のための一日
ムクドリモドキの攻撃
一市民の死
ガの観察
古い学校の写真
鯨のように
嵐の後
ペインズ・クリークの日没
年代物の森林地
種子が実る
クロミノハマザクラ日和
善霊
伐採
砂丘への帰還
共有地

訳者後書き

掲載情報
著者紹介
  • ロバート・フィンチ

    1943年ニュージャージー州生まれ。ウェストバージニア州で育つ。アメリカのネイチャー・ライター、エッセイスト、ラジオのコメンテーター。1971年からケープコッドに在住し、ケープコッドの自然、人類の歴史についての著作がある。スポルディング大学芸術学修士プログラムでクリエイティブ・ノンフィクションを教えていた。

  • 村上清敏

    元金沢大学教授。専門は英米文学、エコクリティシズム。

関連書籍
  • 野生の果実/ソロー・ニュー・ミレニアム

  • 交感と表象/ネイチャーライティングとは何か

  • デザート・クァルテット/風景のエロティシズム

  • 大切な場所/ケープコッドの四季

  • 緑の文学批評/エコクリティシズム