松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

『ダーバヴィル家のテス』を読む

(著者)中林良雄  

『ダーバヴィル家のテス』を読む
判型 四六判上製
ページ 560ページ
価格 4,660円(税別)
ISBN 978-4-88198-835-0
略号
発売日 1995年11月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

トマス・ハーディの『テス』の精髄をヨーロッパ文化の文脈で捉え、社会批判の小説という枠から解放すると共に、外国文学研究の主体的あり方を問う。また同一テーマが、論考・語釈・受容史の三つの観点から追求されている点は本書の特色だ。

目次

まえがき
第一部 神は細部に宿る
Ⅰ 序説
Ⅱ ストーンヘンジの石の上で眠るテス― 「第五十八章」をめぐって―
Ⅲ 女性原理の体現者としてのテス― ギリシア・ローマ神話的位相―
Ⅳ 夜明けのテスとマグダラのマリア― 「第二十章」をめぐって―
Ⅴ 『テス』とキリスト教
第二部 『テス』における「異教的要素(ベイガン・エレメント)」考
第三部 『ダーバヴィル家のテス』受容史― 邦訳を中心として―
序説 大澤 衛のハーディについて
Ⅰ 最初期の雑誌紹介記事(明治二十年代)
Ⅱ 柳村上田敏と和軒梅澤精一(明治三十年代)
Ⅲ 『テス』邦訳前史(明治四十年代)
Ⅳ 短篇の邦訳と『テス』の註釈書(明治三十年代~大正中期)
Ⅴ 平田禿木とハーディ(明治四十年代~大正期)
あとがき

掲載情報
著者紹介
  • 中林良雄

    元玉川大学教授。専門分野は19、20世紀イギリス・アイルランド文学、比較文学。共著書に『あらすじで読む世界文学105』(玉川大学出版部)など。

関連書籍
  • 森田思軒とその交友/龍溪・蘇峰・鴎外・天心・涙香

  • 英米小説序説/技法と物語性を中心として

  • 読み解かれる異文化

  • フィクションの言語/イギリス小説の言語分析批評〈言語科学の冒険5〉

  • 問い直す異文化理解

  • 英文学者 夏目漱石

  • 一九世紀「英国」小説の展開

  • 新たな異文化解釈

  • 英文学者 坪内逍遙