松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

化粧した影/T・S・エリオットの最初の妻 ヴィヴィアンヌ・エリオットの生涯

(著者)キャロル・シーモア=ジョーンズ   (訳者)村田俊一  

化粧した影/T・S・エリオットの最初の妻 ヴィヴィアンヌ・エリオットの生涯
判型 A5判
ページ 1024
価格 9,500円(税別)
ISBN 978-4-7754-0263-4
略号
発売日 2021年4月30日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

最近のエリオット研究は、彼の個人的伝記的な面に関心が高まっている。エリオットの「影」であり続けた最初の妻ヴィヴィアンヌの伝記に見られる日記、ノート、書簡などを通して、学究肌で敬虔な宗教生活を送ったと言われる彼の知られざる世界に踏み込み、「伝記と作品」の関係に一石を投じた問題作の全訳。

目次

謝辞

序章

一章 ベリー生まれのボヘミアン

二章 川の乙女

三章 アメリカにおける異邦人

四章 内密の結婚

五章 詩人の花嫁

六章 三人所帯、バーティとヴィヴィアンとトム

七章 苦しんでいる子供

八章 戦時下の浮浪児たち

九章 灌木のしげみのプライアパス

十章 ブルームズベリーの初期

十一章 ポッサムの復讐

十二章 神経衰弱

十三章 『荒地』

十四章 籠の中の狂おしい心

十五章 「ファニー・マーロー」

十六章 欺瞞と欲望

十七章 『クライテリオン』の戦い

十八章 ダンスを続けて

十九章 悲嘆と「狂気」

二十章 幽霊と影

二十一章 別居

二十二章 猫と鼠

二十三章 暗闇へ

二十四章 終章

 

書誌

訳者解説

索引

掲載情報
著者紹介
  • キャロル・シーモア=ジョーンズ

    (1943-2015)ウェールズの伝記作家。ウェールズ北西部のタウィンに生まれサウスシーで育った。著書に『ビアトリス・ウエッブ、戦う女性』(Beatrice Webb: A Life, 1992)、『化粧した影』(Painted Shadow: The Life of Vivienne Eliot, First Wife of T.S. Eliot, 2001)がある。

  • 村田俊一

    1944年生まれ。弘前大学名誉教授。専門は英文学。著書に『T. S. エリオットの思索の断面──F. H. ブラッドリーとニコラウス・クザーヌス』『T. S. エリオットのヴィア・メディア──改宗の詩学』(以上、弘前大学出版会)。訳書にロナルド シュハード『T. S. エリオット クラーク講演』(松柏社)など。

関連書籍
  • T・S・エリオット 文学批評選集/形而上詩人達からドライデンまで

  • T・S・エリオット 演劇批評選集

  • 英文学の杜/西山良雄先生退任記念論文輯

  • モダニズムと神話/世界観の時代の思想と文学〈言語科学の冒険9〉

  • T.S.エリオット クラーク講演