松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

古今東西スイーツ物語

(著者)吉田菊次郎  

古今東西スイーツ物語
判型 四六判
ページ 384
価格 2,500円(税別)
ISBN 978-4-7754-0286-3
略号
発売日 2022年5月20日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • hontoで購入
解説

世界史としては、古代社会のパンやお菓子誕生から現代に至る通史。
中世の宗教菓子から大航海時代のカカオの発見、近世~近代の王様の美食が生んだ銘菓etc。

日本史としては、神代のお菓子の神様、大陸からの唐菓子より和菓子への発展、西欧からの南蛮菓子伝来、明けて明治の西洋菓子から今日の洋菓子までの道のりを、内外の資料を駆使して明快に紐解く。

目次

甘き【世界史】
先史時代:糖菓事始め
エジプト時代:パンの登場
ギリシャ時代:チーズ等の乳製品ローマ時代:氷菓の始まり&キリスト教とお菓子の関わり
中世:宗教菓子
近世:大航海時代のお菓子の発展
近代:フランスへの美食の集中
現代:冷却技術とヌーベルパティスリー
甘き【日本史】
神代:菓祖神誕生
大和・奈良・平安時代:大陸からの仏教の僧侶と砂糖&唐菓子
鎌倉時代:茶の樹移植と茶道&和菓子
室町時代:キリスト教宣教師と南蛮菓子
江戸時代:鎖国と南蛮菓子の独自の発展
幕末~明治:西洋菓子の流入
大正~昭和前期:大企業の勃興
昭和戦後:荒廃からの甘味復興&冷蔵設備と洋生菓子
現代:最新技術と健康志向

掲載情報

■日刊ゲンダイDIGITAL 2022/07/05 に本書の紹介が掲載されました

古代エジプトのマジパンから現代のチョコレート菓子まで、著名なパティシエがスイーツの歴史を紹介する。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/307731

著者紹介
  • 吉田菊次郎

    1944年東京生まれ。明治大学商学部を卒業後渡欧し、フランス、スイスで製菓修業。その間数々の国際賞を受賞。帰国後「ブール ミッシュ」を開業(本店・銀座)。現在同社会長。
    文筆、テレビ、ラジオ、講演などでも活躍。2004年、フランス共和国より農事功労章シュヴァリエ叙勲。厚生労働省より「現代の名工・卓越した技能者」受章。2014年フランス料理アカデミー・フランス本部会員に推挙される。主な著書に『お菓子な歳時記』『句集・父の後ろ姿・十七文字の達人たちと』(時事通信社)、『西洋菓子彷徨始末』『西洋菓子・世界のあゆみ』『西洋菓子・日本のあゆみ』(朝文社)、『デパートB1物語』(平凡社)、『お菓子を彩る偉人列伝』(ビジネス教育出版社)、『洋菓子百科事典』(白水社)他多数。

関連書籍
  • 流離(さすらい)

  • スイーツ歳時記&お菓子の記念日