松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

文化の美学/ルネサンス文学と社会的装飾の実践

(著者)パトリシア・ファマトン   (訳)井上 彰  生田省悟  箭川 修  

文化の美学/ルネサンス文学と社会的装飾の実践
判型 A5判上製
ページ 440ページ
価格 3,800円(税別)
ISBN 978-4-88198-852-7
略号
発売日 1996年6月1日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
  • hontoで購入
解説

イギリス・ルネサンスの装飾の織りなす宇宙を新歴史主義的視点から論じるファマトンの本邦初訳。贈与、受領、消費の美学に着目し、装飾的余剰としての文化──子供、宝飾品、宴、料理・菓子、恋愛詩、仮面劇、イギリス革命に命を落としたチャールズ一世の形見──の中に、「私」にこだわる自己形成の物語を読み取る。

目次

図版一覧
謝辞
日本語版序文
第一章 序 静物画― 時計、宝石、オレンジ
第二章 贈り物交換― エリザベス朝の子供とロマンスの流通
第三章 人目を忍ぶ芸術― エリザベス朝の細密画とソネット
第四章 ヴォイドの消尽― ジェイムス朝のバンケットと仮面劇
第五章 〈時事性〉(トピカリティ)のヴェール― 『ネプチューンの凱旋』における貿易と装飾

訳者あとがき
参考文献
索引

掲載情報
著者紹介
  • パトリシア・ファマトン

    カリフォルニア大学サンタバーバラ校英語学科教授。English Broadside Ballad Archive(EBBA)の創設者兼ディレクター。スタンフォード大学(Ph.D.)。主な専門分野は16世紀と17世紀の文化・文学、ハイカルチャーとポピュラーカルチャー、印刷の歴史、視覚文化、ポストモダニズムなど。

    https://www.english.ucsb.edu/people/fumerton-patricia

  • 井上 彰

    愛媛大学 法文学部 准教授。専門分野は英米文学。

  • 生田省悟

    元金沢大学教授。共編書に『「場所」の詩学──環境文学とは何か』(藤原書店)、共訳書にサー・トマス ブラウン『医師の信仰・壺葬論』(松柏社)。

  • 箭川 修

    (1959-2018)元東北学院大学文学部教授。専門は初期近代イギリス文学。共著書に『新歴史主義からの逃走』(松柏社)、訳書にフレドリック・ジェイムソン『アドルノ──後期マルクス主義と弁証法』(共訳、論創社)、『十七世紀イギリスの文書と革命 クリストファー・ヒル評論集 I』〈叢書・ウニベルシタス654〉、『十七世紀イギリスの民衆と思想 クリストファー・ヒル評論集 III』〈叢書・ウニベルシタス620〉(以上、共訳、法政大学出版局)など。

関連書籍
  • ヨーロッパの文化・文芸とケルト/学問を野に放つ試み

  • 宮廷祝宴局/チューダー王朝のエンターテインメント戦略

  • 読み解かれる異文化

  • ルネサンスのパトロン制度

  • 新歴史主義からの逃走