松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

これ一冊でわかる!「大学」活用術

(著者)江藤茂博  鷲田小彌太  

これ一冊でわかる!「大学」活用術
判型 四六判
ページ 274ページ
価格 1,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0071-5
略号
発売日 2005年4月10日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • セブンネットで購入
  • 紀伊國屋で購入
  • e-honで購入
解説

21世紀、大学は従来の大学とは様変わりしている。大学とは一体どういうところなのか、という根本的な問いに端を発し、学部・学科の構造、編入の方法、単位のよりよい取得方法、レポート・論文の書き方、ゼミのしくみ、就職活動までを徹底的に解説。

目次

はじめに
入学事始─大学の基礎知識
(1)大学に入学する (2)学部と学科という枠 (3)シラバスと単位 (4)大学の科目とその種類 (5)大学の教科書
(6)学年と時間割 (7)転科と編入 (8)大学図書館の利用法 (9)大学の教員 (10)大学という組織

授業事始─できる学生になる方法
(1)授業の種類 (2)講義ノートをうまく取る (3)ゼミ・演習は大学の命 (4)資料調査の方法 (5)レジュメ作成し
発表するコツ (6)発表に、口頭と論文形式がある。いずれもレジュメがもとになる。 (7)感想文と論文の違い
(8)論じる技術 (9)コンピュータ・ツール活用法 (10)試験の受けかたと成績の意味 (11)意味のある資格を取る
(12)学生のための読書論

学問事始─知的学生になる方法
(1)学問のイメージ (2)人文科学 (3)社会科学 (4)自然科学 (5)学際領域 (6)教養教育と専門教育 (7)実学教育

就職事始─自分を社会で生かすための第一歩
(1)大学教育と就職 (2)就職課という存在 (3)就職戦線について (4)就職対応モード (5)就職と大学の評価との関係

進学事始─知識と創造のプロになる方法
(1)大学院案内 (2)大学院入試事情 (3)大学院学生の生活 (4)研究生活というもの (5)大学教授になる方法
(6)資格とスキルアップのための大学院進学

おわりに/あとがき

掲載情報
著者紹介
  • 江藤茂博

    長崎県長崎市出身。二松学舎大学 文学部都市文化デザイン学科 教授。武蔵大学人文学部社会学科卒業。立教大学大学院博士課程後期修了。専門は文芸・映像・メディア論。

  • 鷲田小彌太

    1942年、白石村字厚別(現・札幌市)生まれ。1966年大阪大学文学部(哲学)卒、73年同大学院博士課程(単位修得)中退。75年三重短大専任講師、同教授。83年札幌大学教授、2012年同大退職.。

関連書籍
  • 英語論文のINPUTからOUTPUTへ

  • レポート・卒論の攻略ガイドブック/英米文学編

  • 映画でレポート・卒論ライティング術

  • 英米小説でレポート・卒論ライティング術

  • デジタル人文学/検索から思索へとむかうために