松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

卑屈と傲岸と郷愁と/日本人の「異」への眼差しの系譜

(著者)浅井雅志  

卑屈と傲岸と郷愁と/日本人の「異」への眼差しの系譜
判型 A5判上製
ページ 321ページ
価格 3,800円(税別)
ISBN 978-4-7754-0251-1
略号
発売日 2018年3月30日

当サイトより注文希望の方はログインをお願いします

オンライン書店で購入する

  • Amazonで購入
  • 楽天で購入
  • 紀伊國屋で購入
  • hontoで購入
解説

日本人はますます保守化しているのではないか。今の若者たちを「洗脳」する日本文化なるものの根強さ。日本の近代化の考察を通して、近代というもののもつ特性をあぶりだす。

目次
掲載情報
著者紹介
  • 浅井雅志

    1952年、広島県生まれ。京都橘大学人間発達学部教授。同志社大学大学院修士課程、マンチェスター大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。 著書に『モダンの「おそれ」と「おののき」──近代の宿痾の診断と処方』『持続するエピファニー ──文学に表象されたエロティシズムと霊性』『卑屈と傲岸と郷愁と──日本人の「異」への眼差しの系譜』(松柏社)、訳書にジェイムズ ムア『グルジェフ伝──神話の解剖』(平河出版社)。

関連書籍
  • モダニズムと神話/世界観の時代の思想と文学〈言語科学の冒険9〉

  • モダンの「おそれ」と「おののき」/近代の宿痾の診断と処方

  • 持続するエピファニー/文学に表象されたエロティシズムと霊性