松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

The Art of Loving/愛するということ 〔改訂版〕

(著者)Erich Fromm   (編註)飛田茂雄  

愛するということ     〔改訂版〕

Level:★★★★★
Level:★★★★★
判型 A5判
ページ text77ページ+notes13ページ
価格 1,250円(税別)
ISBN 978-4-88198-022-4
略号 22
発売日
先生用資料
授業支援ツール

※教科書のご審査用見本のご請求は、大学にて一定人数が受講するクラスで教鞭をとられている先生のみお願いいたします。
※高等専門学校、高等学校、専門学校、学習塾等は、お問い合わせフォームをご利用のうえご相談ください。ご審査用見本等はお届けできない場合がございます。

注文・見本請求・採用通知・授業支援ツールをご利用の方はログインをお願いします
※先生アカウントのみ対象となります

解説

著者Frommは、現代まれに見るほどに広範な活躍をした卓越した思想家。原著は「Times文芸付録」の書評で、人間関係の根本を洞察した最高の名著、と絶讃された。本書は原著の3分の2にあたるIs Love an Art?、The Theory of Love、The Practice of Loveの3章を収めた。

目次

まえがき
I   Is Love an Art?
II  The Theory of Love

1. Love, the Answer to the Problem of Human Existence
2. Love between Parent and Child
3. The Objects of Love
a. Brotherly Love
b. Motherly Love
c. Erotic Love
d. Self-Love
e. Love of God
III The Practice of Love
Notes

掲載情報
著者紹介
  • Erich Fromm

    (1900-80)ドイツの社会心理学者、精神分析学者。

  • 飛田茂雄

    (1927-2002)東京都世田谷区出身。アメリカ文学者、翻訳家。中央大学名誉教授。青山学院大学文学部英文科卒業。早稲田大学大学院文学研究科近代英文学専攻博士課程修了(中退)。翻訳、著作多数。

関連書籍
  • The Forgotten Language/忘れられた言語