松柏社

松柏社

図書出版の松柏社

ようこそゲストさん

A New Look at the Chrysanthemum and the Sword/『菊と刀』再考

(著者)C. Douglas Lummis   (編註)池田雅之  

『菊と刀』再考

Level:★★★★★
Level:★★★★
判型 四六判
ページ text79ページ+notes21ページ
価格 1,200円(税別)
ISBN 978-4-88198-244-0
略号 244
発売日
先生用資料
授業支援ツール

※教科書のご審査用見本のご請求は、大学にて一定人数が受講するクラスで教鞭をとられている先生のみお願いいたします。
※高等専門学校、高等学校、専門学校、学習塾等は、お問い合わせフォームをご利用のうえご相談ください。ご審査用見本等はお届けできない場合がございます。

注文・見本請求・採用通知・授業支援ツールをご利用の方はログインをお願いします
※先生アカウントのみ対象となります

解説

滞日20年余になるラミス氏の日本文化論は、日本の温和な情緒や人間の機微に触れるという、定石の〈日本論〉とはおおよそ趣を異にする。テーマは、R・ベネディクトの不巧の名著『菊と刀』が日本人のみならずアメリカ人にいかに皮相な、誤解に満ちた日本観を植えつけてしまったかを検証する。

目次

はしがき
1 ON READING THE CHRYSANTHEMUM AND THE SWORD
2 THE BEAUTY OF THE WORLD OF DEATH
3 ANTHROPOLOGY AS POLITICAL EDUCATION
4 A CRITIQUE OF RUTH BENEDICT'S PICTURE OF JAPAN

NOTES

掲載情報
著者紹介
  • C. Douglas Lummis

    1936年、サンフランシスコ生まれ。アメリカの政治学者、評論家。専門は政治学。日本在住。

  • 池田雅之

    1946年生まれ。早稲田大学名誉教授。専門は、小泉八雲(Lafcadio Hearn)研究。比較文化論、世界の基層文化の比較研究。 国際間・異文化間における「コミュニケーション能力」開発に関する学際的研究。