単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

読みくらべ世界民話考/庶民の豊かな想像力と集合的認識を読み取る

日常の喜びや嘆きや感動や願望のさまざまな経験から、ごく自然に涌きだした物語。民話を優れた・・・

聴覚障害者と裁判員裁判/DVD教材で学ぶ法廷手話

聴覚障害者と裁判員裁判/DVD教材で学ぶ法廷手話

漱石とその周辺/100年前のロンドン

書物に取り憑かれた英文学者が日本近代文学の黎明期、ロンドンに渡った若き漱石と芸術家・・・

痕跡と祈りーーメルヴィルの小説世界

神なき時代ーー文学と祈りを主題に据えたメルヴィルの文学世界をめぐる近代小説論。新訳「ホーソーン・・・

国際語としての英語/進化する英語科教育法

これからの教師を目指す人は「新しい教え方」「新しいタイプの英語の授業」を創り出さなくてはならない・・・

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

新刊好評ランキング

(2015.6.1現在)

News Across the Universe/『英字新聞に見る世界の動き』  2013年度新刊

(編著)二ノ宮寛子/二ノ宮靖史

学部学科を問わず、大学生が興味を持つ時事的なトピックをラインナップ。英字新聞を読んで生きた英語を学ぶ。

●記事のタイトルから内容を予測する問題、重要語句の確認、本文の大意を選ぶ問題、内容理解を問う問題、本文のトピックに関連したダイアログの空所補充、ディスカッション問題など豊富な練習問題で読解力を伸ばします。●内容理解を問う問題では本文の表現をそのまま用いることを避けています。そのため本文だけではなく、設問自体を理解する必要があり、読解力を鍛えることができます。●主にアメリカで今何が起こっているかを、小売店の戦略など地元の生活に密着したローカルな話題から、施設の名称権の売買をめぐる議論など、日本にも共通するニュースを通して知ることができます。


B5判

全15章90頁

2138円(税込)

978-4-88198-674-5

教室用CD/教授資料(本文試訳含む)

 
    Chapter 1 IT & Media: アプリ開発者に若者が増加
    Chapter 2 Science: 科学者にとって研究は恋愛と同じ?1
    Chapter 3 Science: 科学者にとって研究は恋愛と同じ?2
    Chapter 4 Social Issue: イェール大学卒業生によるエイズ問題への取り組み
    Chapter 5 Media:『セヴンティーン』誌がモデルの画像修正を取りやめる
    Chapter 6 Education: リアリティTVから教師たちが学んだこと
    Chapter 7 Sports Business: 名称権による利得と損害
    Chapter 8 Business: オンラインショッピングの購買者をいかに来店させるか――小売店のアイディア
    Chapter 9 Social Issue: 職場におけるジェンダー格差への取り組み
    Chapter 10 IT & Education: 子どものネット使用について、親はどのように対応するべきか?
    Chapter 11 American History: アメリカ独立戦争に参加した兵士たちの子孫は今
    Chapter 12 Technology: シリコンバレーでのロボットとの夕食
    Chapter 13 Political Issue: 尖閣諸島上陸の中国人14人を逮捕
    Chapter 14 European History: ヨーロッパの歴史
    Chapter 15 Health: ジョンソン・エンド・ジョンソンが製品から有害になりうる物質の排除を宣言

前の画面へ戻る