単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

痕跡と祈りーーメルヴィルの小説世界

神なき時代ーー文学と祈りを主題に据えたメルヴィルの文学世界をめぐる近代小説論。新訳「ホーソーン・・・

国際語としての英語/進化する英語科教育法

これからの教師を目指す人は「新しい教え方」「新しいタイプの英語の授業」を創り出さなくてはならない・・・

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

新刊好評ランキング

(2015.6.1現在)

My Home, My English Roots: The Experiences of 15 Japanese Teachers of English Volume 1/『日本の大学英語教師15人のルーツ 1』  2013年度新刊

(シリーズ監修者)斎藤兆史

(執筆者)
佐々木真理/鳥飼玖美子/堀 正広/竹内 理/岩田美喜/板倉厳一郎/西原俊明/北 和丈/大地真介/上石実加子/斎藤兆史/橋本安央/大串尚代/大西洋一/山里勝己

英米文学研究、英語学、英語教育研究、国際コミュニケーション研究などの英語関連学問諸分野の英語教師15人が、その生まれから英語との出会い、現在に至るプロセスまでを書き下ろした、正真正銘の発信型英語教材シリーズのVolume 1の登場!

●日本全国の大学の英語教育の全体像を把握するため、英語・学習の地域性を主題の一つとする、かつてないリーディング教材です。アメリカ英語とイギリス英語がバランスよく楽しめます。●各章とも、重要語いチェック、650語の英文パッセージ、TOEFL(R)Test形式の内容理解確認問題で構成され、英文の読解の力を図れるよう配慮しています。

使い方:斎藤兆史
使い方:北和丈
授業案:大地真介
授業使用案:岩田美喜

※2012年12月末までに他執筆者による例も随時掲載予定です!



B5判

全15章90頁

2160円(税込)

978-4-88198-665-3

教室用CD・教授資料(本文試訳含む)・スマートフォン用アプリ対応

 
    Chapter 1: Fukui─Fukui by Sasaki Mari(アメリカ文学)
    “The Door to the Foreign World beyond Fukui”

    Chapter 2: Tokyo─Akasaka by Torikai Kumiko(通訳論/翻訳論/言語コミュニケーション論/英語科教育法)
    “My initial encounter with English in Akasaka”

    Chapter 3: Fukuoka─Omuta by Hori Masahiro(英語学)
    “Stick to Your Bush! ”

    Chapter 4: Hyogo─Nishinomiya by Takeuchi Osamu(応用言語学/外国語教育学)
    “A shortwave radio, a typewriter, and the Voice of America”

    Chapter 5: Miyagi─Sendai by Iwata Miki(イギリス文学)
    “Installed Out of Place But in Line”

    Chapter 6: Kyoto─Kyoto by Itakura Gen’ichiro(イギリス文学)
    “Kyoto as Wonderland”

    Chapter 7: Nagasaki─Sasebo by Nishihara Toshiaki(英語学、英語教育)
    “Environment on Decision-making”

    Chapter 8: Toyama─Himi by Kita Kazutake(英語教育)
    “On the ‘wrong’ side”

    Chapter 9: Hiroshima─Hiroshima by Ohchi Shinsuke(アメリカ文学)
    “Learning English in Hiroshima”

    Chapter 10: Hokkaido─Noboribetsu by Ageishi Mikako(イギリス文学)
    “Visiting my past, to learn new things”

    Chapter 11: Tochigi─Utsunomiya by Saito Yoshifumi(英学、言語教育)
    “Reading Bertrand Russell in Utsunomiya”

    Chapter 12: Osaka─Hirakata by Hashimoto Yasunaka(アメリカ文学)
    “Away from Here to Somewhere”

    Chapter 13: Aichi─Nagoya by Ogushi Hisayo(アメリカ文学)
    “A Gateway to the Outside World”

    Chapter 14: Fukushima─Kitakata by Onishi Yoichi(イギリス文学)
    “Mining and Dancing in a Northern Town”

    Chapter 15: Okinawa─Urasoe by Yamazato Katsuori(アメリカ文学)
    “A Paperboy on an American Military Base”

■ 『本物の英語力』(鳥飼玖美子著、講談社現代新書)

『本物の英語力』(鳥飼玖美子著、講談社現代新書)の17-18頁で紹介されています。

前の画面へ戻る