単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2019年度新刊一覧

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

アントニー・スウェイト対訳詩選集

日本にも縁の深いスウェイトのCollected Poems(二〇〇七)と、Going Out (二〇一五)・・・

一丁目一番地の謎

1980年代から現在までに書かれた──野球批評の極意、林真理子/宇能鴻一郎における・・・

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

フォークナー第21号

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾「ケイト・ショパンと南部」(風呂本惇子・本合陽・若林麻希子・佐々木真理)。その他、連載、書評等、今号も充実の内容。

A5判

220

2160円(税込)

978-4-7754-0258-0

2019年5月30日

   
    【巻頭エッセイ】
    「私は黒人ではない」――「あの夕陽」における子殺し 鵜殿えりか

    【特集】ケイト・ショパンと南部
    ・「ケインリヴァー・ワールド」──揺らぐショパンの小宇宙 風呂本惇子
    ・ケイト・ショパンとクィアなスペース──『目覚め』に見るエドナのホモフォビア 本合 陽
    ・心象風景としてのルイジアナ──ケイト・ショパンの地方主義再考 若林麻希子
    ・エドナたちの目覚め──変容する南部女性の身体 佐々木真理
    【会長講演】
    協会の二〇年を振り返って――若い皆さんにむけて 平石貴樹

    【リレー連載】アメリカ作家と〈南部〉
    ・メルヴィルと南部――あるいは、崩壊の予見 舌津智之
    ・『ライフ』・ナショナリスティック――ヘミングウェイ、スペイン、ニューディール「南部(サウス)」 塚田幸光

    【特別エッセイ】
    自然とジェンダー、性と死――ウィリアム・フォークナーと三島由紀夫の比較研究 クリストファー・リーガー  重迫和美 訳

    【投稿論文】
    レベル・ガールの系譜──南部女性文学における反逆する娘像と連帯のナラティブ ハーン小路恭子

    【連載】
    アメリカ文学におけるリージョナリズム 我が研究余滴6 田中久男

    【書評】
    中谷 崇/新井純美/山辺省太/浅羽 麗/高村峰生/千葉淳平/山本裕子 /松原陽子

前の画面へ戻る