単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
教科書語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2019年度新刊一覧

2019年度新刊一覧

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

D.H.ロレンス書簡集 宗1919-1920

第一次世界大戦が終結した翌年、暗雲に閉じ込められたまま、荒廃した・・・

フォークナーと日本文学

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも・・・

アントニー・スウェイト対訳詩選集

日本にも縁の深いスウェイトのCollected Poems(二〇〇七)と、Going Out (二〇一五)・・・

一丁目一番地の謎

1980年代から現在までに書かれた──野球批評の極意、林真理子/宇能鴻一郎における・・・

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

漱石とその周辺/100年前のロンドン

(著者)清水一嘉

書物に取り憑かれた英文学者が日本近代文学の黎明期、ロンドンに渡った若き漱石と芸術家たちの足跡、交遊を辿る。

四六判上製

254

2420円(税込)

978-4-7754-0244-3

2017年10月16日

   
    第1章 漱石あれこれ
     グルーズの絵と漱石
     漱石とスティーヴンソン
     「Dr. Furnivall ニ遇フ」
     漱石のロンドン— ブレット家の七か月
     ブレット家の女中ペン
     ピンポンをする漱石
     漱石とイギリスのことわざ
     漱石、鈴木禎次、「ザ・チェース八一番地」のことなど

    第2章 漱石と同時代の人々
     漱石と牧野義雄
     ロンドンの日本人画家— 原撫松のことなど
     ユキオ・タニ— 「日本の柔術使」

    第3章 イギリスあれこれ
     酒飲みの国イギリス
     ヴィヴィアン・グリーン
     ある挿絵画家の復権

    第4章 オックスフォードその他
     ボドリアン・ライブラリーの昨今
     ジョン・ジョンソン・コレクションのこと
     本の盗難とセキュリティ
     イギリスのブック・フェア

■ 「出版ニュース」2017年12月中旬号に掲載されました

漱石は34歳から36歳までの2ヶ月間(1900〜1902)をロンドンで過ごした。本書は留学先の漱石の見聞を通して、漱石が見たイギリス生活と在英日本人をはじめとした芸術家たちとの交流、周辺の人々と時代を描き出す。

前の画面へ戻る