単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
雑誌

新刊単行本案内

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

TOP > 単行本 > 雑誌 > フォークナー > 詳細情報

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会

A5判

168

1890円(税込)

978-4-7754-0243-6

2017年5月30日

   
    【特集】フォークナーと都市
    ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン ● 本村浩二
    都市小説としての『サンクチュアリ』──『グレート・ギャツビー』から『走れうさぎ』への系譜の中で ● 上西哲雄
    移動性の法則──スノープス三部作と地理的想像力 ● 山本裕子
    都市とのネットワーク──フォークナー・オコーナー・鉄道 ● 辻本庸子
    『アブサロム、アブサロム!』に至るヨクナパトーファの変容──フォークナーのニューオーリンズ経験における「水」と「仮面」が拓いたもの ● 中谷 崇

    【リレー連載】フォークナーと日本文学
    軍隊の描き方──大西巨人『神聖喜劇』とフォークナー『寓話』の方法 ● 金澤 哲

    【投稿論文】
    荒野に降りそそぐ悲嘆の雨──『行け、モーセ』における罪と贖罪の歴史ともう一つの歴史 ● 桐山大介
    二人のローザ・コールドフィールド──『アブサロム、アブサロム!』 における相反の力学 ● 吉田希依

    【推薦論文】
    新しい時代の到来と幻滅──『行け、モーセ』におけるバンガロー表象 ● 島貫香代子

    【連載】
    アメリカ文学におけるリージョナリズム4──我が研究余滴 ● 田中久男

    【書評】
    ● 松岡信哉 ● 宮本敬子 ● 大地真介 ● 渡邉真理子 ● 竹内理矢

    投稿(寄稿)の書式について
    投稿規定
    編集後記・フォークナー協会からのお知らせ

前の画面へ戻る