単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2019年度新刊一覧

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

(著者)岩田美喜

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイルランド演劇の400 年を通観する壮大な試み。 主に長子相続制との関連性で語られてきたこのトポスが実は演劇史上重大な意味を持つことが明らかとなる。

四六判

352

3780円(税込)

978-4-7754-0241-2

2017年3月30日

   
    はじめに 
    序章 「創世記」における兄弟の表象 
    1 「誰があなたの息子になるのでしょう?」──中世後期のキリスト教劇における兄弟と相続 
    2 『ゴーボダック』における弁論と宿命 
    3 『お気に召すまま』における「もしも」の効用
    4 学者の兄が学ぶべきこと 
    5 兄を死なせた運命星に感謝せよ──名誉革命期の喜劇におけるアイルランドをめぐる兄弟像の多様化(一) 
    6 兄を死なせた運命星に感謝せよ──名誉革命期の喜劇におけるアイルランドをめぐる兄弟像の多様化(二) 
    7 チャールズを探せ──『悪口学校』と『若気の至り』における兄弟像のゆらぎ 
    8 兄弟をめぐる真空の結節点としての『バートラム』
    9 ブーシコーとワイルドの戯曲における、兄弟の終焉の向こう側
    おわりに
    引用文献・索引

■ 「週刊読書人」2017年7月21日に掲載されました

初期近代イングランドでは兄弟が社会システムの一部、ゆえに精神的な紐帯とは無縁だったとか。(中略)論述がオープンで風通しがよいのもいい。
(阿部公彦 東京大学准教授 英米文学、文芸評論)

前の画面へ戻る