単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
雑誌

新刊単行本案内

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 雑誌 > 詳細情報

フォークナー 第18号/特集I フォークナーと家族 特集II フォークナー研究の現在と未来(大橋健三郎先生追悼シンポジウム)

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会

A5判

210

1890円(税込)

978-4-7754-0236-8

2016年4月30日

   
    【巻頭エッセイ】
    ペーパーバック・フォークナー──または、人々は如何にしてノーベル賞の煌めきにひるむことなくフォークナーを愛するようになったか●尾崎俊介

    【特集I】フォークナーと家族
    「耐えなくちゃいけないのは、おまえじゃないんだものね」――響きと怒りと甘え●中野学而
    孤児としての南部淑女──ナーシサ再読●松井美穂
    小公子エティエンヌ──『アブサロム、アブサロム!』における娘の選択●大串尚代
    家系という「呪い」――フォークナーの家系小説●新納卓也

    【特集II】フォークナー研究の現在と未来(大橋健三郎先生追悼シンポジウム)
    日本人がフォークナーを研究するということ●大地真介
    「人間の根源的な状況」について●小林久美子
    叙事詩から小説へ──四つの「熊」を読む●諏訪部浩一
    大橋先生論文ベストスリー●平石貴樹

    【リレー連載】フォークナーと日本文学
    フォークナーと太宰治──近代と育ての<母>●竹内理矢

    【投稿論文】
    『八月の光』におけるトロープの運動と地政学的幻想●山根亮一

    【連載】
    アメリカ文学におけるリージョナリズム3──我が研究余滴●田中久男

    【書評】
    ●森有礼 ●佐々木真理 ●大和田俊之 ●塚田幸光 ●大野瀬津子 ●梅垣昌子 ●小谷耕二 ●大理奈穂子

    投稿(寄稿)の書式について
    投稿規定
    編集後記・フォークナー協会からのお知らせ

前の画面へ戻る