単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
文学・人文学全般・社会

新刊単行本案内

兄弟喧嘩のアイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

恐怖の文学/その社会的・心理的考察 1765年から1872年までの英米ゴシック文学の歴史

現代ゴシック文学研究の第一人者のパンターによって展開される鋭く深い「恐怖」と・・・

世界の大学をめざせ!/アメリカのスーパーエリート校入門

大学選びは国内だけに目を向けている時代ではない! 北米の名門大学を中心に、世界・・・

一遍上人と遊行の旅

法然(浄土宗)・親鸞(浄土真宗)・一遍(時宗)と阿弥陀仏を信仰する浄土教、中でも・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 文学・人文学全般・社会 > 詳細情報

ロレンスの短編を読む

(編)D・H・ロレンス研究会

これまでロレンスの短編は圧倒的な長編群の陰に隠れがちだったが、80に及ぶその短編には目を見張るような豊穣かつ独自の世界があった。本論集では、これまであまり論じられなかったものも含めて初期、中期、後期からバランスよく作品を取り上げ、各論者独自の角度からロレンス研究に新たな光を投げかける。

A5判

391

4104円(税込)

978-4-7754-0229-0

2016年1月20日

   
    序  ロレンス――「素顔」の短編小説家 浅井 雅志

    I
    「春の亡霊たち」論――メラーズの前身としてのサイスン 山田 晶子
    文学批評と公共圏――「牧師の娘たち」を読むリーヴィス 石原 浩澄
    労働者階級の肉体に映し出される中産階級の恐怖心と羨望 ――「牧師の娘たち」、「ヘイドリアン」、後期エッセイに見る階級観の変遷と相克 岩井 学

    II
    「愛情的世界内存在」を求めて――「プロシア士官」論 浅井 雅志
    「桜草の道」とオーストラリア――アイデンティティーの揺らぎ 山本 智弘
    娘に託された奇跡――「馬仲買の娘」における再生の意味 横山 三鶴

    III
    氷柱の向こう側――「馬で去った女」の射程 有為楠 泉
    馬ではなく、蛇が…… ――「セント・ モア」におけるキー・イメージ 田部井 世志子
    「社会的自己」の桎梏から解き放たれて――「太陽」試論 井上 径子
    『ヴァージン・アンド・ザ・ジプシー』のイヴェットの持つ共感力 ――『フロス河の水車場』のマギーとの比較から 藤原 知予

    あとがき 浅井 雅志

    索引

■「週刊読書人」2016年5月27日付に掲載されました

D・H・ロレンスは『チャタレー卿夫人の恋人』の作者として、『ユリシーズ』の著者、ジェイムズ・ジョイスとともに、英国が生んだ二〇世紀の二大作家と位置付けてよい。長編作家として知られているが、本書がテーマとする中、短編を八〇余りも書いている。
(立石弘道・日本大学大学院講師・現代英国文学/文学専攻)

前の画面へ戻る