単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

ロレンスの短編を読む

(編)D・H・ロレンス研究会

これまでロレンスの短編は圧倒的な長編群の陰に隠れがちだったが、80に及ぶその短編には目を見張るような豊穣かつ独自の世界があった。本論集では、これまであまり論じられなかったものも含めて初期、中期、後期からバランスよく作品を取り上げ、各論者独自の角度からロレンス研究に新たな光を投げかける。

A5判

391

4104円(税込)

978-4-7754-0229-0

2016年1月20日

   
    序  ロレンス――「素顔」の短編小説家 浅井 雅志

    I
    「春の亡霊たち」論――メラーズの前身としてのサイスン 山田 晶子
    文学批評と公共圏――「牧師の娘たち」を読むリーヴィス 石原 浩澄
    労働者階級の肉体に映し出される中産階級の恐怖心と羨望 ――「牧師の娘たち」、「ヘイドリアン」、後期エッセイに見る階級観の変遷と相克 岩井 学

    II
    「愛情的世界内存在」を求めて――「プロシア士官」論 浅井 雅志
    「桜草の道」とオーストラリア――アイデンティティーの揺らぎ 山本 智弘
    娘に託された奇跡――「馬仲買の娘」における再生の意味 横山 三鶴

    III
    氷柱の向こう側――「馬で去った女」の射程 有為楠 泉
    馬ではなく、蛇が…… ――「セント・ モア」におけるキー・イメージ 田部井 世志子
    「社会的自己」の桎梏から解き放たれて――「太陽」試論 井上 径子
    『ヴァージン・アンド・ザ・ジプシー』のイヴェットの持つ共感力 ――『フロス河の水車場』のマギーとの比較から 藤原 知予

    あとがき 浅井 雅志

    索引

■「週刊読書人」2016年5月27日付に掲載されました

D・H・ロレンスは『チャタレー卿夫人の恋人』の作者として、『ユリシーズ』の著者、ジェイムズ・ジョイスとともに、英国が生んだ二〇世紀の二大作家と位置付けてよい。長編作家として知られているが、本書がテーマとする中、短編を八〇余りも書いている。
(立石弘道・日本大学大学院講師・現代英国文学/文学専攻)

前の画面へ戻る