単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
実用・検定試験対策

新刊単行本案内

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 実用・検定試験対策 > 詳細情報

必携 最小限の語彙力で英語を読み聴く方法/基礎語からの類推

(著者)後藤寛

英語の語彙力不足が受動的言語活動である「読めない、聴けない」の原因なのだろうか? 本書は、心理・言語学者C・K・オグデンが抽出したベーシック850語を基に語彙力不足でも「基礎語からの類推」から「読めて、聴ける」方法を提案する。「書く、話す」から「読めて、聴ける」へ、そのコツを伝授します。

四六判

248

2376円(税込)

978-4-7754-0228-3

2016年5月20日

   

前の画面へ戻る