単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
教科書語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
雑誌

新刊単行本案内

D.H.ロレンス書簡集 宗1919-1920

第一次世界大戦が終結した翌年、暗雲に閉じ込められたまま、荒廃した・・・

フォークナーと日本文学

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも・・・

アントニー・スウェイト対訳詩選集

日本にも縁の深いスウェイトのCollected Poems(二〇〇七)と、Going Out (二〇一五)・・・

一丁目一番地の謎

1980年代から現在までに書かれた──野球批評の極意、林真理子/宇能鴻一郎における・・・

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

TOP > 単行本 > 雑誌 > フォークナー > 詳細情報

フォークナー 第17号/特集 フォークナーと戦争

(編)日本ウィリアム・フォークナー協会

A5判

178

1925円(税込)

978-4-7754-0220-7

2015年4月30日

   
    巻頭エッセイ
    悲劇の啓示──フォークナーと第二次大戦後のフランス●野崎 歓 

    特集 フォークナーと戦争
    フォークナーの戦争観の変遷について●金澤 哲 
    アメリカ型「国民戦争」の起源と限界●古矢 旬 
    サバイバルと「戦後」●渡邉真理子 
    絶望しつつ希望する──冷戦小説としての『寓話』●越智博美 

    【追悼】大橋健三郎先生
    大橋先生の声が聞こえる●田中久男
    トロントでの熱き語らい●マイケル・ミルゲイト
    ジョージア州立大学コネクション●トマス・L・マクヘイニー
    遠い日の健三郎先生●原川恭一
    大橋先生と私●柄谷行人
    半世紀前の大橋先生●池田孝一
    書き続けることを奨励してくださった●荒このみ
    大橋先生に感謝●藤平育子
    追悼 大橋健三郎先生●平石貴樹
    追想●原 信雄
    すべての始まり●森 有紀子

    リレー連載 フォークナーと日本文学
    家・父・伝説──フォークナーの『土にまみれた旗』と島崎藤村の『家』●後藤和彦 

    投稿論文
    第二次世界大戦とフォークナー ──「ふたりの兵士」と「朽ち果てさせまじ」に寄せた南部へのオマージュ●吉村 幸 

    推薦論文
    フォークナーと「近代」──「エミリーへの薔薇」、憧憬と回帰●竹内理矢 

    連載
    アメリカ文学におけるリージョナリズム2──我が研究余滴●田中久男 

    書評
    ●大野 真 ●ハーン小路恭子 ●中村久男 ●早瀬博範

    投稿(寄稿)書式について 
    投稿規定 
    編集後記・フォークナー教会からのお知らせ

前の画面へ戻る