単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

一九世紀「英国」小説の展開

(編著)海老根宏/高橋和久

19世紀英国小説研究の新しい傾向を踏まえつつ、「小説を読む」意味を問い直す。ウォルター・スコットからコナン・ドイルまでの重要な作家の作品論を、幅広い世代の19人の論者が展開する。海老根宏によるサッカレーとジョージ・エリオット論も読みどころ。

四六判上製

457

4860円(税込)

978-4-7754-0191-0

2014年6月15日

   
    一九世紀「英国」小説を読む(いくつもの)理由――序に代えて 海老根 宏
    第1章 距離と分類──スコット『ウェイヴァリー』をめぐって 高橋和久
    第2章 マライア・エッジワースと帝国、ファッション、オリエンタリズム 吉野由利
    第3章 スコットランドの風俗小説──スーザン・フェリアとブリテンの家庭/故郷 高桑晴子
    第4章 ジェイン・オースティンの風景論序説──ピクチャレスクからイングランド的風景へ 丹治愛
    第5章 ジェイン・オースティンとロイヤルネイビー──「ジェイン海軍年鑑」をどう読むか? 山本史郎
    第6章 ゲームの規則──『自負と偏見』再読 小山太一
    第7章 『虚栄の市』の人びと 海老根宏
    第8章 “Strange extravagance with wondrous excellence” ──『ジェイン・エア』と『歌姫コンシュエロ』の間テクスト性 大田美和
    第9章 声に出して読むディケンズ 斎藤兆史
    第10章 『デイヴィッド・コパーフィールド』における記憶と家族 永富友海
    第11章 始まりも終わりもない物語──ジョージ・マクドナルド『ファンタステス』における光と闇 鵜飼信光
    第12章 死者と亡霊の間──シェリダン・レ・ファニュ “The Familiar” を読む 桃尾美佳
    第13章 ジョージ・エリオットにおける現実と非現実──「これらは一つの比喩である」 海老根 宏
    第14章 『リチャード・フェヴレルの試練』における仮面の衰亡 丹治竜郎
    第15章 ハーディ小説にみる動物の痛み 吉田朱美
    第16章 「虎の如き威厳」と「ジョン・クリーディ牧師」──コンラッド『闇の奥』と一九世紀末イギリスの言説 西村 隆
    第17章 共同体、社会、大衆──コンラッドと「わたしたち」の時代 中井亜佐子
    第18章 ジョージ・ムアの『一青年の告白』における時代の文脈 結城英雄
    第19章 『ドリアン・グレイの画像』におけるニヒリズム 田尻芳樹
    第20章 再生コナン・ドイルと不条理劇の系譜 山田美穂子

    あとがき 高橋和久 

    事項索引/人名・作品名索引 

■ 「図書新聞」2015年2月7日号に掲載されました

しがらみと自然描写を特徴とする文学ジャンルとして一九世紀英国小説が挙がるのは異論がないだろう。本書はそのことを知るには最適の書物だ。確かに似たような論文集はあるだろうが、その包括性と個々の論文のレベルの高さは群を抜いている。歴史小説からナショナル・テイル、リアリズム、女性作家の登場、ポストコロニアリズム、そして推理小説の萌芽。これらの継起が英国文学を活気づけるさまがよくわかる。
(川島健・同志社大学文学部准教授)

前の画面へ戻る