単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

ニューレフトと呼ばれたモダニストたち/英語圏モダニズムの政治と文学

(著者)山田雄三

レイモンド・ウィリアムズや中野好夫が見すえた「現実」と今日の「現実」とは、もはやすり合わせが不可能なほどに乖離してしまったのだろうかーー。遅れてきたモダニスト、ウィリアムズ、E・P・トムソン、ピーター・フラー、石牟礼道子、ユージン・スミスらが政治と文学を両輪にして動かそうとした「現実」と、彼らが到達したかった「現実」とを明らかにする!

A5判

265

3067円(税込)

978-4-7754-0190-3

2013年6月25日

   
    はじめに
    第1章 モダニズムはいつだったのか/モダニズムの政治を定義する
    第2章 レフトと呼ばれたモダニストたち/一九三〇年代と四〇年代、もうひとつのモダニズム
    第3章 ニューレフトと呼ばれたモダニストたち/一九五〇年代の国際情勢とイギリスの「文化・政治」動向
    第4章 未検証の現在のために/一九六〇年代、ポピュラーになるために
    第5章 一九六八年の新旧ニューレフト/『ニューレフト・レビュー』とモダニズムの政治
    第6章 「一九六八年伝説」の周縁で/地方都市とモダニズムの政治
    第7章 始めること、その意図と展望/一九七〇年代のモダニズムの政治
    第8章 一九七九年〜八八年、モダニズムの危機/サッチャーの時代を迎えて
    むすびに
    あとがき
    事項名索引
    人名・作品名索引

■ 週間読書人2013年7月26日に掲載されました

レイモンド・ウィリアムズは「文化研究の生みの親」とのレッテルではもったいない人。彼を生んだ"状況"を精査する本書が味読のきっかけとなるか。
(阿部公彦 東京大学)

前の画面へ戻る