単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

兄弟喧嘩のアイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

恐怖の文学/その社会的・心理的考察 1765年から1872年までの英米ゴシック文学の歴史

現代ゴシック文学研究の第一人者のパンターによって展開される鋭く深い「恐怖」と・・・

世界の大学をめざせ!/アメリカのスーパーエリート校入門

大学選びは国内だけに目を向けている時代ではない! 北米の名門大学を中心に、世界・・・

一遍上人と遊行の旅

法然(浄土宗)・親鸞(浄土真宗)・一遍(時宗)と阿弥陀仏を信仰する浄土教、中でも・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

アメリカ文学のアリーナ/ロマンス・大衆・文学史

(編)平石貴樹/後藤和彦/諏訪部浩一

12人の気鋭のアメリカ文学研究者による、ホーソーン、メルヴィル、オールコット、トウェイン、ジェイムズ、ウォートン、ドライサー、フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、フォークナー、モリソン、オブライエン論から、アメリカ文学の面白さの秘密と、アメリカ作家が「大衆」とどう向き合ってきたのか、そして向き合っていくのかが見えてくる一冊。

四六判上製

391

4320円(税込)

978-4-7754-0189-7

2013年4月15日

   
    序文
    平石貴樹

    第1章
    預言者のペルソナ、母の息子/『緋文字』におけるホーソーンの死と再生
    中野学而

    第2章
    一八七六年のロマンス/国民国家の誕生と『クラレル』
    貞廣真紀

    第3章
    ルイザ・メイ・オールコットと大衆小説
    田辺千景

    第4章
    禊ぎとしての大衆小説/『王子と乞食』から『ハックルベリー・フィンの冒険』へ
    後藤和彦

    第5章
    ヘンリー・ジェイムズ『メージーの知ったこと』/大衆小説的手段としての早熟なこども
    高尾直知

    第6章
    イーディス・ウォートン『歓楽の家』における社会風刺と感傷性
    新井景子

    第7章
    愛人の発明/『シスター・キャリー』と女性のセクシュアリティ
    舌津智之

    第8章
    ビジネス・ロマンスは可能か/F・スコット・フィッツジェラルド文学の大衆性の意味
    上西哲雄

    第9章
    フレデリック・ヘンリーの形而上学/ヘミングウェイの大衆性と芸術性
    新納卓也

    第10章
    フォークナーと南部農本主義の距離/「分かりやすさ」を欠く「大衆小説」という逆説
    中谷 崇

    第11章
    トニ・モリソンと「物語」の力/『青い目がほしい』を中心に
    諏訪部浩一

    第12章
    アメリカン・ロマンスからポストモダン・ロマンスへ/ティム・オブライエンの『かれらが運んだもの』
    三浦玲一

    あとがき 後藤和彦

■ 週間読書人2013年9月13日に掲載されました

本書の特色は、すでに繰り返し論じられてきた作家やそのテクストに定着した意味を、それぞれの論者の力業によって変えていくところにある。どの一篇をとっても、テクストの欠落を新たに見つけ出し、独自の視点から様々な事象と関連付けて説明し、入念に引用箇所を選んで、幾重にも重なり合うコンテクストを丹念に解きほぐしながら、既知のテクストを再文脈化し、異化していく。
(長岡真吾 島根大学教授)

前の画面へ戻る