単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
実用・検定試験対策

新刊単行本案内

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 実用・検定試験対策 > 詳細情報

映画でレポート・卒論ライティング術

(著者)小野俊太郎

文学・文化学科系の学生の映画を題材としたレポート・卒論執筆に役立つことを目的に、21世紀公開作品を例にあげ、「目のつけどころ」と「論文の書き方」をわかりやすく解説した待望の一冊!
・ハリウッド映画を中心に、21世紀に英米で製作された記憶に新しい作品を例にあげる。
・普段観ている映画をいざ分析して議論しようとするときに、どのような点に注意/着目すればよいのかを映画研究の成果も取り入れながら解説。
・映画からどのように材料を集め、調べて、議論を発展させ、論文やレポートにしていくのか、そのプロセスと方法を具体的に解説。
・映画100年の変遷など必要最低限の知識も身に付くよう配慮。

四六判

216

1944円(税込)

978-4-7754-0171-2

2011年2月発売

   
    第1部 映画のどこに目をつけるのか
    第1章 物語としての映画
    1-1 ストーリーは物語の内容
    1-2 プロットは物語の組み立て
    1-3 映画と小説との関係
    第2章 映像や音としての映画
    2-1 画面をつなげて映画は作られる
    2-2 喜怒哀楽の表現の違い
    2-3 動きや音楽に特化した映画
    第3章 映画が文化や社会とつながる
    3-1 現実社会と映画の関係
    3-2 映画に映しだされるもの
    3-3 誰が、どこで、何を観ているのか
    第4章 映画の誕生と展開
    4-1 100 歳を越えた映画
    4-2 ジャンルとお約束
    4-3 リメイクとシリーズもの

    第2部 映画の卒論やレポートの書き方
    第5章 映画から材料のメモを作ろう─「スタンド・バイ・ミー」
    5-1 1回目はあらすじをチェック
    5-2 2回目は人や物の関係
    5-3 3回目は映像の組み立てをメモする
    第6章 議論するテーマを決めよう─「風と共に去りぬ」
    6-1 物語の意味を問いかける
    6-2 映画の説得力を分析する
    6-3 映画の社会的文化的な問題点を分析する
    第7章 映画の関連情報を調べよう─「未知との遭遇」
    7-1 時代や背景の情報
    7-2 監督や出演者の関連情報
    7-3 関連する映画の情報
    第8章 実際に議論を展開しよう─「プラダを着た悪魔」
    8-1 人物関係を中心に考える
    8-2 ファッションを中心に考える
    8-3 女性映画の系譜で考える
    おわりに トップダウンからボトムアップへ
    参考文献と有用なサイト

前の画面へ戻る