単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

痕跡と祈りーーメルヴィルの小説世界

神なき時代ーー文学と祈りを主題に据えたメルヴィルの文学世界をめぐる近代小説論。新訳「ホーソーン・・・

国際語としての英語/進化する英語科教育法

これからの教師を目指す人は「新しい教え方」「新しいタイプの英語の授業」を創り出さなくてはならない・・・

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

新刊好評ランキング

(2015.6.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

JFK未完の人生 1917-1963

(著者)ロバート・ダレク

(訳)鈴木淑美

様々な重い病気を抱えながらも、因習や伝統に挑戦し、圧倒的な説得力と行動力でアメリカに夢と希望を体現しようと献身したジョン・F・ケネディ。その生誕から、志半ばに凶弾に斃れるまでの若き指導者の生き様が本書で詳らかにされる。『ニューヨーク・タイムズ』、『ワシントン・ポスト』など有力紙で「ケネディ伝、待望の決定版」との高い評価を得て、ベストセラーランキング第一位となった An Unfinished Life 待望の翻訳。

A五版上製

703

4104円(税込)

978-4-7754-0160-6

2009年6月5日

   
    第1部 青春
    第1章 名門の次男−−少年時代
    第2章 迷い−−大学
    第3章 生と死をみつめて−−従軍

    第2部 ステップアップ
    第4章 キャリアの選択−−政界へ
    第5章 新進気鋭の政治家−−下院議員
    第6章 ステップアップ−−上院議員

    第3部 ホワイトハウスへの道
    第7章 戦い−−指名獲得へ
    第8章 歴史的勝利−−大統領選挙

    第4部 リーダーシップ
    第9章 船出−−1961年1月
    第10章 苦い試練−−1961年春
    第11章 外交デビュー−−1961年春
    第12章 最も危険な状況−−ベルリン危機
    第13章 対立のはざまで−−ベトナム戦争
    第14章 華麗なる大統領−−プライバシー
    第15章 難問山積−−公民権運動、ベトナム戦争
    第16章 会心のとき−−キューバ危機
    第17章 新たなる挑戦−−公民権運動
    第18章 新たなる挑戦−−核実験禁止条約
    第19章 一千日の伝説−−暗殺

    訳者あとがき

    付録
    人物紹介
    ジョン・F・ケネディ略年譜
    アメリカ大統領一覧

■ 「サンデー毎日」2009年8月2日号に掲載されました

(ケネディは)幼い頃から病気がちで、特に腰痛と胃腸障害は深刻だった。しばしば入院もした。こんな健康状態でありながら、大統領の激務をこなし、しかもよく伝えられるように多くの浮き名を流した。ビル・クリントン元大統領の不倫スキャンダルなど足元にも及ばないような、信じがたい話が山のように出てくる。
(緑 慎也)

■ 「出版ニュース」2009年7月下旬号に掲載されました

本書で、著者が特に光を当てているのはケネディ自身の「不安定さ」である。政策が一貫せず、ブレがあるという評価があったが、実際にキューバ危機や核実験禁止、ベトナム戦争のなかで、周囲の声に流されかけながらも、自分の信念を守ろうとし、そのなかで必死に着地点を探ろうとしているケネディの姿が描かれている。

■ 「週刊読書人」2009年7月17日に掲載されました

ケネディについては暗殺の事実に圧倒されて、大統領としての評価が、なお充分に行われていない。ベルリン危機への見事な対応は、そのことを教えられる。
(枝川公一 ノンフィクション作家)

■ 「日本経済新聞」2009年7月5日に掲載されました

筆致は一貫して冷静だが、JFKが現実に立脚しながら理想を追求した指導者だったという強い印象を受ける。ケネディ政権の時代に20年代後半だった筆者は自らも生きた証人としてJFKの魅力を伝えることに成功している。今年、「ブラック・ケネディ」と呼ばれるオバマ大統領を生んだ米国の民主主義のダイナミズムを、改めて確認させられる一冊である。
(飯野克彦)

前の画面へ戻る