単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
エッセイ/写真/他

新刊単行本案内

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > エッセイ・写真・他 > 詳細情報

沈黙の神々2

(著者)佐藤洋二郎

「三田文学」連載の単行本化、第二弾。好評の『沈黙の神々』から、作家は次なる神社を求めて歩き続けた。そこに言葉を持たない人々の歴史があり、隠されている「日本」の真の姿が見出すことができるからだ。

四六版上製 

228頁 

1728円(税込)

978-4-7754-0153-8

2008年8月20日

   
    入間高麗郷  埼玉・高麗
    安産神•下照姫  鳥取・伯耆
    不詳一座•伊勢松下社  三重・伊勢
    夫姫伝説•対馬和多都美  長崎・対馬
    女神が降臨した土地•久高島  沖縄・琉球
    哀しみの長門忌宮  山口・長門
    熊野を背負う•吉野水分  和歌山・吉野
    下町の太宰府•亀戸天神  東京・亀戸
    変幻する女•比売大神  大分・国東
    笑い合う神々•佐太神社  島根・鹿島
    神になった文人•太宰府天満宮  福岡・太宰府
    いつか噴き上げる•阿蘇十二神  熊本・阿蘇
    高野山を守る•丹生都比売  和歌山・高野山

    あとがき
    参考文献

■ 「産經新聞」2008年10月26日に掲載されました

高麗神社(埼玉県)、伊勢松下社(三重県)、吉野分水神社(和歌山県)、佐太神社(島根県)、久高島の御獄(沖縄県)など。著者が足を向ける神社は、大社ではない。歴史をかかえてひっそりとたたずむ神社。そこに、明治国家が定めた神社神道以前にさかのぼっての「日本」の姿を見いだそうとする姿勢がよく表れている。
(神崎宣武 民俗学者)

前の画面へ戻る