単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

兄弟喧嘩のアイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

恐怖の文学/その社会的・心理的考察 1765年から1872年までの英米ゴシック文学の歴史

現代ゴシック文学研究の第一人者のパンターによって展開される鋭く深い「恐怖」と・・・

世界の大学をめざせ!/アメリカのスーパーエリート校入門

大学選びは国内だけに目を向けている時代ではない! 北米の名門大学を中心に、世界・・・

一遍上人と遊行の旅

法然(浄土宗)・親鸞(浄土真宗)・一遍(時宗)と阿弥陀仏を信仰する浄土教、中でも・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

アメリカン・ルネサンスの現在形

(著者)小田敦子/難波江仁美/西谷拓哉/西山けい子/丹羽隆昭/前川玲子

(編著)増永俊一

マシーセンが選出したメルヴィル、ホーソーンらキャノン作家たちが、作品の中でいかに「表現」することで、時代とその社会との関係を結んでいったのかを考察する。ポスト「9・11」の現在にこそ、かつての修正主義者による批判の「再考」を目指す。

四六判上製

312頁

3780円(税込)

978-4-7754-0140-8

2007年10月22日

   
    序 章
    「アメリカン・ルネサンス」の現在 増永俊一 

    第一章
    F・O・マシーセンの「ルネサンス」 前川玲子 

    第二章
    エマソンの「マスター・ワード」 小田敦子 

    第三章
    「成熟」から回顧する「熱狂」  
    『ウォールデン(Walden, or, Life in the Woods)覚え書き』 丹羽隆昭

    第四章
    「ディセンサス」を生きる   
    ホーソーンと時代と表現と 増永俊一

    第五章
    メルヴィルの小説における死と感傷 
    一八五〇年代の短篇に見る反センチメンタル・レトリック 西谷拓哉

    第六章
    都市の欲望 
    「群集の人」再読 西山けい子

    第七章
    共感する「わたし・たち」
    ヘンリー・ジェイムズの政治性 難波江仁美 

    参考文献 
    索引 

■ 「英文学研究」第八十六巻に掲載されました

ポール・オースターのニューヨーク3部作はポーやメルヴィル、ホーソーン、ソローへのオマージュで溢れている。世紀を跨ぎ、「9.11」のアメリカを生きた現代作家がそれだけの敬愛を表していた訳だから、アメリカン・ルネサンスのテクストが「現在形」として私たちに様々な問題を訴えかけているということに疑いはないだろう。
エドワード・サイードがエイハブ船長と白鯨によってアメリカとイスラム諸国の関係を説明した記事も記憶に新しい。果たして、本書『アメリカン・ルネサンスの現在形」は、そうした時代を超えたメッセージの解読に挑んだ研究である。編者の増永俊一氏は序章において「各作家がその表現において模索した『共感』のあり方は、ポスト『9.11』の現在いよいよ切実さを増しているように思える」(12)と、この試みの意義を語っている。
(竹内勝徳 鹿児島大学)

■ 「アメリカ文学研究」no. 45 2008に掲載されました

副題にある「芸術と表現(Art and Expression)」はマシーセンにおいて対になった概念であり、たとえば『白鯨』を書き終わって「カタルシス」を感じたメルヴィルについて"[H]e had eased his thoughts by the act of creating so prodigious an artistic structure."(458)とマシーセンが書くとき、行為としての「表現」は「芸術」と結びついている。(中略)副題にある二語の間に強力な分割線を引き、前者をスポッと無視する点に本書の姿勢がある。それが「修正主義」を経たアメリカ文学研究の「現在」を端的に示しているように思える。
(堀内正規 早稲田大学)

■ 「英語年鑑」2009年版に掲載されました

増永俊一編著『アメリカン・ルネサンスの現在形』 (2007. 11,松柏社)も、F・O・マシーセン著『アメリカン・ルネサンス』(1941)の修正主義者の論拠を考慮した上で、「アメリカン・ルネサンス」の再読を試みる。本書は2004年度日本アメリカ文学会関西支部大会でのフォーラム「〈アメリカン・ルネサンス2004〉??言語表現の現在形」(2004. 12)を核に、フォーラム参加者4名に新たに3名を加えた7名の執筆者が論考を寄せる。同書の趣旨は、いわゆる『アメリカン・ルネサンス』再考ではなく、マシーセンが対象としたキャノン作家たちを中心に、その表現と時代とのかかわりを考察する試みと言う(「序章」1-13)。第1章:F・O・マシーセンの『アメリカン・ルネサンス』(前川玲子)に続き、第2章:エマソン(小田敦子)、第3章:ソロー(丹羽隆昭)、第4章:ホーソーン(増永俊一)、第5章:メルヴィル(西谷拓哉)、そして「アメリカン・ルネサンス」前後に位置する作家たち、第6章:ポー(西山けい子)と第7章:ジェイムズ(難波江仁美)を新たな議論・検証の対象にしながら、作家たちとその作品に共感を寄せる執筆者陣が「表現」のあり方に注目し、タイトルにある「現在形」を考察する。言語表現において、アメリカン・ルネサンスの作家たちが模索した時代との「共感」のあり方は、ポスト9.11のいま、「わたし・たち」と時代との「共感」に共振あるいは反響する、と結論する。
(別府惠子=神戸女学院大学名誉教授)

■ 日本ナサニエル・ホーソーン協会誌「フォーラム」第13号に掲載されました

本書は、F・O・マシーセンが『アメリカン・ルネサンス−エマソンとホイットマンの時代における芸術と表現』の中で「選び出したいわゆるキャノン作家たちを中心に、その表現と時代の関わりを考察」(2)することを目的とする論集である。序章では、編著者増永俊一氏によって、一九八〇年代以降さまざまな批評的立場から、アメリカ文学研究の金字塔であるがゆえに、『アメリカン・ルネサンス』が受けてきた「毀誉褒貶」(2)の経緯が簡潔にまとめられている。だが、本書が目指すところは、そうした議論に加わることではなく、現在でも依然として価値を失わない『アメリカン・ルネサンス』を「ランドマーク」(8、297)として、ともすればこれまで正当な扱いを受けてこなかった個々の作家たちの「表現」(8)とその共感のあり方に照明をあてることである。
(中村栄造=名城大学教授)

■ 「アメリカ学会会報」No. 166 2008 Aprilに掲載されました

本書は、アメリカの文学的独立を宣言したF・O マシーセン著『アメリカ・ルネサンス』(1941)に対する修正主義者の批判を認識しつつも、文学批評界におけるその存在感を認め、19世紀半ばの「アメリカン・ルネサンス」を「ランドマーク」として捉え、その再考を試みたものである。特に、従来の議論でおろそかにされてきた「表現」に注目し、マシーセンが取り上げるキャノン作家を中心に互いに共鳴する「表現」と時代との関係を考察する。(倉橋洋子=東海学園大学)

■ 「英語青年」2008年4月号に掲載されました。

新歴史主義を経た後のマシーセン「再生」の動きを、本書誕生の源となったシンポジウムの司会者であり本書の編者でもある増永俊一氏は指摘する(71頁)。そのマシーセンが選んだキャノン作家とポー、ジェイムズを「再考」の対象とし、「時代を視野に入れつつもその[社会との]関係性を作品の『表現』を通して考察する」(12頁)のが本書である。

■ 「出版ニュース」2008年1月上・中旬合併号に掲載されま した。

19世紀の半ば、南北戦争前のアメリカ社会を中心に、新たな作家たちの表現を「アメリカン・ルネサンス」と位置づけ、その模索と時代との関わり、文学的営為と地平を今日的に解読する。ここでは、批評家マシーセンの『アメリカン・ルネサンス』(1941年)を〈ひとつのランドマークとして〉視野に入れながら、エマソン、ソロー、ホーソーン、メルヴィル、ポー、ヘンリー・ジェイムズらの作品世界と社会との関係を説く。

■ 「週間読書人」2008年1月18日号に掲載されました。

〈アメリカン・ルネサンス〉の作品は、これまでも多くの研究がなされているが、しかし本書に収められた個々の論文は、まさにレヴィンがマシーセンを評価した言葉を借りれば、「精読」と「審美的・社会的コンテクスト」を調和させることによって一九世紀文学の多層性を明らかにすると同時に、さらなる研究の可能性があることを示している。(大串尚代=慶應義塾大学准教授)

前の画面へ戻る