単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

兄弟喧嘩のアイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

恐怖の文学/その社会的・心理的考察 1765年から1872年までの英米ゴシック文学の歴史

現代ゴシック文学研究の第一人者のパンターによって展開される鋭く深い「恐怖」と・・・

世界の大学をめざせ!/アメリカのスーパーエリート校入門

大学選びは国内だけに目を向けている時代ではない! 北米の名門大学を中心に、世界・・・

一遍上人と遊行の旅

法然(浄土宗)・親鸞(浄土真宗)・一遍(時宗)と阿弥陀仏を信仰する浄土教、中でも・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

しみじみ読むアメリカ文学/現代文学短編作品集

(訳)畔柳和代/舌津智之/橋本安央/堀内正規/本城誠二

(編)平石貴樹

6名の訳者が選びぬいた12篇の追憶と再生の物語。各翻訳には訳者の解説付き。学生時代フットボールのスター選手だった主人公は不運に見舞われ挫折。十五年後、妻となった当時の恋人との夫婦関係に微妙な変化が生じていくアーウィン・ショーの「八〇ヤード独走」。2006年スタジオジブリがアニメ映画化して話題となった『ゲド戦記』の原作者ル=グウィン作「立場を守る」では中絶手術のためにクリニックを訪れた母娘の秘密がわかっていく。無計画に暮らしていた主人公の女性が妻帯者のオールデンと知り合ったことで少しずつ壊れていく「砂漠の聖アントニウス」など珠玉の12篇。

四六判ソフトカバー

340頁

2160円(税込)

978-4-7754-0136-1

2007年6月15日発売

   
    ・「八〇ヤード独走」 アーウィン・ショー著/平石貴樹訳
    ・「立場を守る」 アーシュラ・K・ル=グウィン著/畔柳和代訳
    ・「家なき者」 カート・ヴォネガット著/舌津智之訳
    ・「大切にする」 アン・ビーティ著/橋本安央訳
    ・「二人の聖職者」 リチャード・ボーシュ著/本城誠二訳
    ・「中空」 フランク・コンロイ著/橋本安央訳
    ・「サニーのブルース」 ジェームズ・ボールドウィン著/堀内正規訳
    ・「白いアンブレラ」 ギッシュ・ジェン著/平石貴樹訳
    ・「アトランティス そのほか」 マーク・ドウティ著/堀内正規
    ・「夏の読書」 バーナード・マラマッド著/本城誠二訳
    ・「砂漠の聖アントニウス」 ローリー・コルウィン著/畔柳和代訳
    ・「最後の記念日」 アースキン・コールドウェル著/舌津智之訳

■ 「英語年鑑」2009年版に掲載されました

「しみじみ」をキーワードに、味わい深く読める短編を集めたもので、若い読者に対する文学への導入としてもよくできている。おもに気鋭の若手が訳者として名を連ねていることや、すでに絶版となっている名作短編が拾ってあるのも嬉しい。
(上岡伸雄 =学習院大学教授)

■ 「週間読書人」2007年7月20日号に掲載されました。

(前略)やはり「しみじみ」読めるのは、日常的な人間関係や内面の機 微を描いた短編作品である。無駄をぎりぎりまで削ぎ落とし、登場人物 の内面の揺らぎや心の襞までをも浮かび上がらせることによって、あま りに人間的であるがゆえに抱かざるをえないせつなさ、やるせなさ、哀 しさ、優しさなどを「しみじみ」と読者に伝えるには短編作品をおいて ほかにないだろう。(中略)収録されている一二編のどれもが「しみじ み」させてくれるのだが、評者がもっとも「しみじみ」したのは、二〇 年前に故郷を離れた恋人にいつしか棄てられてしまった女が都会のバー で酔っぱらって荒れているという陳腐きわまりない設定の話を、味わい 深い短編に仕上げたアースキン・コールドウェルの「最後の記念日」で ある。「結婚してない記念日」を長年にわたって独りきりで祝ってきた 女が、みずからの陳腐さを熟知しつつも持ち続ける尊厳と作者の矛盾に 満ちた人間に対する深い愛情が「しみじみ」度を深めている。
(木下卓 =愛媛大学教授)

前の画面へ戻る