単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

Miscellaneous Encounters: Collected Essays on Nathaniel Hawthorne

(著者)阿野文朗

(Foreword)リタ・K・ゴリン

『日本遠征記』を軸にホーソーンとペリーの関わりを論じ、同時代の元銀行家W・H・フォスターの手記を手がかりにホーソーンの幻の処女作を探索し、J・A・カーンの「ディムズデイル毒殺説」を中心にホーソーンと毒薬に関する議論を展開した、ホーソーンに関する論文集。

A5判

87頁

1836円(税込)

978-4-7754-0127-9

2007年3月22日

   

■ 「アメリカ学会会報」No. 166 2008 Aprilに掲載されました

数年前に上梓され著者自身も寄稿者のひとりである『ホーソーンの奇跡―生誕200年記念論集―』の広汎な章立てが伝えてくれるように、文学サークルにとどまらずニューイングランド東北部の地縁社会やアンテベラム期の政治文化人脈において、ホーソーンが描き出した生の軌跡は驚くほどに「多面的な」出会いに満ちている。(中略)本書は、日本ナサニエル・ホーソーン協会設立以来、我が国におけるホーソーン研究に深く関与してきた著者の手になる、「多様なる出会い」をめぐる覚えである。
(林 以知郎=同志社大学)

■ 「英語年鑑」2008年版に掲載されました

Fumio Ano 著 Miscellaneous Encounters: Collected Essays on NathanielHawthorne (2007. 3, Shohakusha) は、ホーソーン研究家として内外に名の知られる阿野氏が、The Nathaniel Hawthorne Journalほかアメリカの専門誌に 発表されたエッセイ5編―“Hawthorne and Commodore Perry,” “Hawthorneand Poison,”福沢諭吉が持ち返ったPeter Parley's Universal History onthe Basis of Geographyの著者が実はホーソーンだったという“A LongIncubation before a Renaissance”など、すでに馴染み深い論考が所収され た好感のもてる論文集。
(別府惠子=神戸女学院大学名誉教授)

前の画面へ戻る