単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

兄弟喧嘩のアイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

恐怖の文学/その社会的・心理的考察 1765年から1872年までの英米ゴシック文学の歴史

現代ゴシック文学研究の第一人者のパンターによって展開される鋭く深い「恐怖」と・・・

世界の大学をめざせ!/アメリカのスーパーエリート校入門

大学選びは国内だけに目を向けている時代ではない! 北米の名門大学を中心に、世界・・・

一遍上人と遊行の旅

法然(浄土宗)・親鸞(浄土真宗)・一遍(時宗)と阿弥陀仏を信仰する浄土教、中でも・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

映画でわかるアメリカ文化入門  2007年度新刊

(著者)奥村みさ/スーザン・K・バートン/板倉厳一郎

映画作品からアメリカ文化・社会のさまざまな側面や問題点について学べる一冊。階級、人種といった15の問題意識によって30の題材を選択。専門用語も避け、一般から専門の読者まで幅広く読める文化入門参考書。

A5判

253

2592円(税込)

978-4-7754-0125-5

2007年3月20日

   
    アメリカ文化を知るための15のトピック
    階級/階層・健康・国民性・ジェンダー/セクシュアリティ・司法制度・銃社会・食文化・宗教・戦争・地域性・テレビ・犯罪・ヒーロー・ファッション・民族/人種

    アメリカ文化を知るための30の映画
    ・『白雪姫』(1937)
    ・『オズの魔法使い』(1939)
    ・『風と共に去りぬ』(1939)
    ・『麗しのサブリナ』(1953)
    ・『ゴッドファーザー』(1972, 1974, 1990)
    ・『スターウォーズ』(1977-1983, 1999-2005)
    ・『グッドモーニング・ベトナム』(1987)
    ・『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990)
    ・『JFK』(1991)
    ・『マルコムX』(1992)
    ・『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』(1993)
    ・『フィラデルフィア』(1993)
    ・『ER 緊急救命室』(1994-)
    ・『デッドマン・ウォーキング』(1995)
    ・『クルーシブル』(1996)
    ・『アメリカン・ヒストリーX』(1998)
    ・『セックス・アンド・ザ・シティ』(1998-2004)
    ・『マトリックス』(1999, 2003)
    ・『エリン・ブロコビッチ』(2000)
    ・『アイ・アム・サム』(2001)
    ・『キューティ・ブロンド』(2001, 2003)
    ・『チョコレート』(2001)
    ・『パール・ハーバー』(2001)
    ・『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)
    ・『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002)
    ・『スパイダーマン』(2002, 2004)
    ・『モンスター』(2003)
    ・『アビエイター』(2004)
    ・『スーパーサイズ・ミー』(2004)
    ・『レイ』(2004)

    アメリカ文化年表
    あとがき

■ 英語教育2007年6月号に掲載されました。

〜『映画でわかるアメリカ文化入門』は映画に反映されたアメリカ文化の 見方を解説している。前半で国民性、司法制度、戦争、犯罪などアメリカに関する15のキーワードをそれぞれ2〜5頁で丁寧 に解説し、後半で『白雪姫』(1937)から『レイ』 (2004)までの30本の映画を4〜6頁ずつで紹 介している。はじめの頁の右端に先ほどの15のキーワードがあり、その映画に関連するキーワードが濃い色で示されている。(及川賢=埼玉大学准教授)

■ キネマ旬報「2007年4月下旬特別号」に掲載されました。

〜これは素晴らしい教科書!ハリウッド映画に親しみながら、我々日本人はアメリカのことを驚くほど知らない。知らなくても楽しめるのがグローバル・スタンダード・・・・・・という思考停止が帝国主義思想の罠であって、もちろん知っておいた方がいいのだ。その点、本書は多民族国家で様々な両義性を内包するアメリカ合衆国の複雑な顔を、基盤から現在まで簡潔&丁寧に整理しており、記述も非常にわかりやすい。しかもそこから、映画の解読の仕方(=応用)へと読者の思考をちゃんとつなげてくれるのだ。(森直人=ライター)

前の画面へ戻る