単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
実用・検定試験対策

新刊単行本案内

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 実用・検定試験対策 > 詳細情報

国際バカロレア/世界トップ教育への切符

(著者)田口雅子

生徒に研究論文や社会奉仕活動などを課し、学力のみならず、知的に物事を考え、社会に貢献する力を養うという『全人教育』を教育目標として掲げる国際バカロレア(インターナショナルバカロレア)教育の内容と試験を紹介する。必修6科目中2科目の言語教育のうちの<文学コース>に焦点を当て徹底解説。

四六判

211

2052円(税込)

978-4-7754-0123-1

2007年5月31日

   
    第1章 国際バカロレア教育              
     1 国際バカロレアの教育目標
     2 「文学(第一言語)」教育の位置

    第2章 「文学」教育の内容と方法                 
     1 「文学」教科書とブックリスト(指定図書)
     2 コメンタリー(解説文)試験
     3 エッセイ(小論文)試験
     4 オーラル(口述)試験
     5 課題作文(世界文学)
     6 エクステンデッド・エッセイ(研究論文)

    第3章 「文学」教育コースの実際                    
     1 教師のためのワークショップ
     2 「文学」の授業の様子
     3 卒業生の声
     4 元国語教師の声 (国語教育との比較 河村 桂)

■ 読売新聞2007年7月1日に掲載されました。

国ごとに異なる大学入学資格制度という障碍に直面していたのが、外国 人子弟の通う各国のインターナショナル・スクールの教師たちである。 彼らは世界のどこでも通用する大学入学資格としての「国際バカロレ ア」という制度を四十年ほど前に創設した。大学入学資格のための二年 間のカリキュラムと試験からなっており、論理的な思考と記述による言 語教育、全人教育に重きをおいた国際的な人材養成を目的としている。 教育の方法、内容、機会の多様化をはかるべきわが国においても、注目 すべき制度であるが、現在九校しか採用していないという。(青柳正規 =国立西洋美術館長)

前の画面へ戻る