単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
シリーズ

新刊単行本案内

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

読みくらべ世界民話考/庶民の豊かな想像力と集合的認識を読み取る

日常の喜びや嘆きや感動や願望のさまざまな経験から、ごく自然に涌きだした物語。民話を優れた・・・

聴覚障害者と裁判員裁判/DVD教材で学ぶ法廷手話

聴覚障害者と裁判員裁判/DVD教材で学ぶ法廷手話

少しだけ「政治」を考えよう!/若者が変える社会

本書は若者たちに「政治参加」を声高に呼びかけるものではない。ふと立ち止まって・・・

卑屈と傲岸と郷愁と/日本人の「異」への眼差しの系譜

日本人はますます保守化しているのではないか。今の若者たちを「洗脳」する日本文化なる・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > シリーズ > 言語科学の冒険シリーズ > 詳細情報

精神分析と物語   言語科学の冒険15

(著者)ピーター・ブルックス

(訳)小原文衛

フロイト理論に内在する物語性を切り口にナラトロジーと精神分析の構造的な連関を探り、新たな批評言説の可能性を切り開くピーター・ブルックスの「読解の理論」!

四六上製

231

3240円(税込)

978-4-7754-0099-9

2008年11月30日

   
    目次
    序文
    1 精神分析的批評の理念
    2 余白に起こる変化―構築、転移、そして語り
    3 ストーリーテラー
    4 語りの構築―ピーター・ブルックスとの対談
    原注/訳注/訳者あとがき

前の画面へ戻る