単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
シリーズ

新刊単行本案内

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > シリーズ > アメリカ古典大衆小説コレクション > 詳細情報

女水兵 ルーシー・ブルーアの冒険  アメリカ古典大衆小説コレクション12

(著者)ナサニエル・カヴァリー

(編者)ダニエル・コーヘン
(訳者)栩木玲子 (解説)巽孝之

アメリカの異装ナラティヴは本書に始まる!  1815年に初版が出版され、ニューイングランドを中心に人気を博した〈男装の麗人トリロジー〉、日本語訳の登場。
うら若き乙女ルーシー・ブルーアが恋人に唆され、ボストンへ落ちのびたのも束の間、娼館の住人となる。数年後、男装したルーシーは、1812年の米英戦争開戦を機に軍艦に乗り込み、海に陸に幾多の冒険の旅に出る・・・

四六判上製

257

2700円(税込)

978-4-7754-0041-8

2010年6月15日

   
    (目次)
    はじめに ダニエル・コーヘン
    謝辞 ダニエル・コーヘン
    序 ダニエル・コーヘン
    本書で使用したテクストに関する注 ダニエル・コーヘン

    「女水夫、またはミス・ルーシー・ブルーアの冒険」
    第一部 ルーシー・ブルーアの物語
    第二部 続 ルーシー・ブルーアの物語
    第三部 恐ろしいノロシ
    ルイザ・ベイカー(本名ルーシー・ブルーア)の最新書に寄せる短い応答
    アルマイラ・ポールの驚異の冒険
    伝道を目的とするボストン女性協会の設立と発展に関する短い報告

    解説 巽 孝之

■ 「週刊読書人」2010年8月13日に掲載されました

いやはや、痛快な本が出たものである。最大の理由は、本書がポストモダニズムの典型的な実践例になっていることだ。一九世紀初頭に、どうしてポストモダニズムが書かれたのか?小説というのは「本当らしいウソの話」だから、じつははじめから「なんでもアリ」だったのである。
(平石貴樹 東京大学)

前の画面へ戻る