単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
教科書語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
シリーズ

新刊単行本案内

D.H.ロレンス書簡集 宗1919-1920

第一次世界大戦が終結した翌年、暗雲に閉じ込められたまま、荒廃した・・・

フォークナーと日本文学

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも・・・

アントニー・スウェイト対訳詩選集

日本にも縁の深いスウェイトのCollected Poems(二〇〇七)と、Going Out (二〇一五)・・・

一丁目一番地の謎

1980年代から現在までに書かれた──野球批評の極意、林真理子/宇能鴻一郎における・・・

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > シリーズ > アメリカ古典大衆小説コレクション > 詳細情報

女水兵 ルーシー・ブルーアの冒険  アメリカ古典大衆小説コレクション12

(著者)ナサニエル・カヴァリー

(編者)ダニエル・コーヘン
(訳者)栩木玲子 (解説)巽孝之

アメリカの異装ナラティヴは本書に始まる!  1815年に初版が出版され、ニューイングランドを中心に人気を博した〈男装の麗人トリロジー〉、日本語訳の登場。
うら若き乙女ルーシー・ブルーアが恋人に唆され、ボストンへ落ちのびたのも束の間、娼館の住人となる。数年後、男装したルーシーは、1812年の米英戦争開戦を機に軍艦に乗り込み、海に陸に幾多の冒険の旅に出る・・・

四六判上製

257

2750円(税込)

978-4-7754-0041-8

2010年6月15日

   
    (目次)
    はじめに ダニエル・コーヘン
    謝辞 ダニエル・コーヘン
    序 ダニエル・コーヘン
    本書で使用したテクストに関する注 ダニエル・コーヘン

    「女水夫、またはミス・ルーシー・ブルーアの冒険」
    第一部 ルーシー・ブルーアの物語
    第二部 続 ルーシー・ブルーアの物語
    第三部 恐ろしいノロシ
    ルイザ・ベイカー(本名ルーシー・ブルーア)の最新書に寄せる短い応答
    アルマイラ・ポールの驚異の冒険
    伝道を目的とするボストン女性協会の設立と発展に関する短い報告

    解説 巽 孝之

■ 「週刊読書人」2010年8月13日に掲載されました

いやはや、痛快な本が出たものである。最大の理由は、本書がポストモダニズムの典型的な実践例になっていることだ。一九世紀初頭に、どうしてポストモダニズムが書かれたのか?小説というのは「本当らしいウソの話」だから、じつははじめから「なんでもアリ」だったのである。
(平石貴樹 東京大学)

前の画面へ戻る