単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
教科書語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2019年度新刊一覧

2019年度新刊一覧

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

D.H.ロレンス書簡集 宗1919-1920

第一次世界大戦が終結した翌年、暗雲に閉じ込められたまま、荒廃した・・・

フォークナーと日本文学

「南北戦争後の優れた文学の復興と同様のことが、ここ数年のうちに日本でも・・・

アントニー・スウェイト対訳詩選集

日本にも縁の深いスウェイトのCollected Poems(二〇〇七)と、Going Out (二〇一五)・・・

一丁目一番地の謎

1980年代から現在までに書かれた──野球批評の極意、林真理子/宇能鴻一郎における・・・

フォークナー第21号

今号より、フォークナーに限らず広く南部作家や南部文化に関わるテーマを取り入れた特集第1弾・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語  アメリカ古典大衆小説コレクション6

(著者)ハナ・ウェブスター・ フォスター

(訳・解説)田辺千景

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと美貌と才気を武器に恋愛を謳歌するエライザ・ウォートンだったが、自由を愛するがゆえ結婚できず不倫の挙げ句私生児を身ごもるのだが……。のちのアメリカン・ドリームをも彷彿とさせるエライザの物語が、共感と涙を誘う。

四六判

271

3025円(税込)

978-4-7754-0035-7

2017年6月10日

   
    ・コケット──あるいはエライザ・ウォートンの物語
    ・解説

■ 「週刊読書人」2017年7月14日に掲載されました

訳者の田辺氏が解説するように、ステレオタイプな読みから読者が自由になれば、むしろその大衆文化の中にこそ、「アメリカ小説らしいテーマ」が立ち現れてくるのを感じるだろう。そもそもこの全12巻のラインナップを一瞥するだけでも、従来の文学史から何が漏れこぼれ、何が正典研究の後景へと追いやられてきたのかが、自ずと浮き彫りになってくる。
(内堀奈保子 日本大学助教・アメリカ文学)

前の画面へ戻る