単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

読みくらべ世界民話考/庶民の豊かな想像力と集合的認識を読み取る

日常の喜びや嘆きや感動や願望のさまざまな経験から、ごく自然に涌きだした物語。民話を優れた・・・

聴覚障害者と裁判員裁判/DVD教材で学ぶ法廷手話

聴覚障害者と裁判員裁判/DVD教材で学ぶ法廷手話

少しだけ「政治」を考えよう!/若者が変える社会

本書は若者たちに「政治参加」を声高に呼びかけるものではない。ふと立ち止まって・・・

卑屈と傲岸と郷愁と/日本人の「異」への眼差しの系譜

日本人はますます保守化しているのではないか。今の若者たちを「洗脳」する日本文化なる・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

D. H. ロレンス書簡集 II 1910/7〜1911

(編訳)吉村宏一・杉山泰ほか

1910年7月〜1911年12月に書かれたD. H. ロレンスの書簡186編を収録。この時期のロレンスはロンドンで小学校の教員としての仕事をこなしながら、同時に詩や小説、劇などを執筆し、多くの友人、特に女性の友人に数多くの書簡を送っている。『白孔雀』『越境者』『息子と恋人』を生み出すきっかけとなった三人の女性との書簡から、当時のロレンスの苦悩が伺える。また、ロンドンの時事問題も書かれており、文化研究の面でも貴重な資料である。

四六判上製

530

4320円(税込)

2008年12月25日

   
     フレデリック・アトキンスン (Atkinson, Frederick) への書簡 一〜五
     エイドリアン・ベリントン (Berrington, Adrian) への書簡 一
     ブロウベント看護婦 (Broadbent Nurse) への書簡 一
     ルイーザ・バロウズ (Burrows, Louisa) への書簡 一〜九六
     ジェシー・チェインバーズ (Chambers, Jessie) への書簡 一〜七
     ガートルード・クーパー (Cooper, Gertrude) への書簡 一
     ヘレン・コーク (Corke, Helen) への書簡 一〜六
     グレイス・クローフォード (Crawford, Grace) への書簡 一〜八
     エドワード・ガーネット (Garnett_, Edward) への書簡 一〜一九
     メイ・ホルブルック (Holbrook, May) への書簡 一〜三
     サリー・ホプキン (Hopkin, Sallie) への書簡 一
     ウィリアム・ホプキン (Hopkin, William) への書簡 一〜ニ
     ヴァイオレット・ハント (Hunt, Violet) への書簡 一〜三
     エイダ・ロレンス (Lawrence, Ada) への書簡 一〜一一
     アーサー・マクラウド (McLeod, Arthur) への書簡 一〜八
     シドニー・ポーリング (Pawling, Sydney) への書簡 一〜三
     ロバート・リード牧師 (Reid, Rev. Robert) への書簡 一〜ニ
     マーティン・セッカー (Secker, Martin) への書簡 一
     レイチェル・アナンド・テイラー (Taylor, Rachel Annand) への書簡 一〜七
     モード・ヴィリアーズ=スチュアート (Villiers-Stuart, Maud) への書簡 一

    解題 「愛と性に苦悩するニ五歳のD・H・ロレンス」
    あとがき

    新聞・雑誌一覧
    地名一覧
    人名一覧
    索引

■ 「英語年鑑」2009年版に掲載されました

膨大なロレンスの書簡を年度ごとに一冊にまとめて翻訳しようという壮大な計画で、今年度に二冊目と三冊目が刊行された。第四巻(1913)(吉村宏一・岩井学ほか編訳,松柏社,2007. 9)と第五巻(1914)(吉村宏一・北崎契縁ほか編訳,2008. 4)である。 各巻とも、それぞれ受取人ごとにまとめて翻訳されているのが特徴だ。両巻とも、エドワード・ガーネットあての手紙がもっとも多く、ロレンスのこの時期の人物交流の動向がよくわかる仕掛けになっている。
(川口喬一=筑波大学名誉教授)

前の画面へ戻る