単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

英語教育のパラダイムシフト/小学校英語の充実に向けて

「教室で求められる英語コミュニケーション能力」をいかにして児童・生徒に身につけさせるか・・・

読みくらべ世界民話考/庶民の豊かな想像力と集合的認識を読み取る

日常の喜びや嘆きや感動や願望のさまざまな経験から、ごく自然に涌きだした物語。民話を優れた・・・

聴覚障害者と裁判員裁判/DVD教材で学ぶ法廷手話

聴覚障害者と裁判員裁判/DVD教材で学ぶ法廷手話

少しだけ「政治」を考えよう!/若者が変える社会

本書は若者たちに「政治参加」を声高に呼びかけるものではない。ふと立ち止まって・・・

卑屈と傲岸と郷愁と/日本人の「異」への眼差しの系譜

日本人はますます保守化しているのではないか。今の若者たちを「洗脳」する日本文化なる・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

新日本語の統語構造/ミニマリストプログラムとその応用

(著者)三原 健一/平岩 健

ミニマリスト・プログラムに基づく日本語研究の総括。文献を読む際に必要となる基礎概念についての概説、構文ごとに主要な提案を紹介し、著者独自の分析を提示。GB理論に基づく『日本語の統語構造』の続編。データの記述にも細心の注意を払った待望の書。
[品切れ中です]

A5判

372

4104円(税込)

4-7754-0124-6

2006年刊

    第I部 基礎概念
    第1章 ミニマリストプログラムの基礎

    第II部 構文研究
    第2章 束縛関係
    第3章 かき混ぜ操作
    第4章 使役文
    第5章 受動文
    第6章 主要部内在型関係節
    第7章 主格目的語構文
    第8章 二重目的語構文
    第9章 主語――目的語繰り上げ構文
    第10章 分裂文
    第11章 二重対格制約と格
    第12章 主格/属格格交替構文

■ 「英語年鑑」2008年版に掲載されました

三原氏は1994年に、統率・束縛理論に基づく日本語研究をまとめた『日本語の統語構造ー生成文法理論とその応用』を上梓しているが、その後のミニマリストプログラムの理論的進化と新しい言語事実の発掘に鑑みて、書き下ろしの新版が出版されたのである。今回は第II部:構文研究として、束縛関係、かき混ぜ操作、使役構文、受動文、主要部内在型関係節、主格目的語構文、二重目的語構文、主語-目的語繰り上げ構文、分裂文、二重対格制約と格、主格/属格格交替構文が取り上げられている。(馬場彰=東京外国語大学教授)

前の画面へ戻る