単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2019年度新刊一覧

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

国際バカロレアの英語授業

国際バカロレアの教育は教師による一方通行型ではなく、双方向型・探求型の授業が行われる。本書では・・・

ハムレットと海賊/海洋国家イギリスのシェイクスピア

『ハムレット』で海賊が登場した背景には、海洋国家へと向かうイギリスの姿があった・・・

ゴシックの炎/イギリスにおけるゴシック小説の歴史―その起源、開花、崩壊と影響の残滓

ゴシックの本質は神秘なるものの探求であり、そこには恐怖だけではなく、愛と死が・・・

フォークナー 第20号

巻頭エッセイは沼野充義。特集は「フォークナーとアジア系アメリカ文学」と「フォークナーと・・・

多文化共生の地域日本語教室をめざして/居場所づくりと参加型学習教材

年々増えていく在住外国人。地域日本語教室の役割が大きくなる中、市民活動である教室は・・・

新刊好評ランキング

(2018.4.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

本間久雄日記

(著者)平田耀子

明治以来「奇跡の百年」の最後に位置する文人、本間久雄の昭和34年から39年に至る日記を編纂、解説した稀少な一冊。早稲田大学卒業後評論家として活躍した本間久雄は、文学のみならず、婦人問題、社会問題、絵画、歌舞伎等々幅広い分野で健筆をふるった。

四六判上製

684

4104円(税込)

4-7754-0085-1

2005年9月15日

   
    はしがき
    凡例
    解説(凡例)
    昭和三十四年日記
    昭和三十五年日記
    昭和三十六年日記
    昭和三十七年日記
    昭和三十八年日記
    昭和三十九年日記
    本間久雄関連系譜
    本間久雄略年譜

■ 「国文学 解釈と鑑賞」2006年2月号に掲載されました。

〜巻頭に、まさに「本間久雄研究」ともいうべき平田氏の詳細綿密な大部の「解説」があって、「一 本間久雄、人とその生涯」「二 『日記』とその時代」「三 『日記』に現れる本間久雄の交友関係」「四 本間久雄と『本』」について、その全体像を客観的・実証的に呈示している。(中略)本間久雄が旧藩校興譲館であった米沢中学(旧制)から坪内逍遥を慕って早稲田に学び、自然主義の評論家として出発したことはよく知られている。「明治文学史」の最終巻で自然主義を核に自己の出発期を再点検することが、文学史家としての氏の果たすべき最後の責務だった。いわばこの「日記」は、その目的達成のための苦闘の日録とも読める。〜同書評より (大久保 典夫 氏=文芸評論家)

前の画面へ戻る