単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

痕跡と祈りーーメルヴィルの小説世界

神なき時代ーー文学と祈りを主題に据えたメルヴィルの文学世界をめぐる近代小説論。新訳「ホーソーン・・・

国際語としての英語/進化する英語科教育法

これからの教師を目指す人は「新しい教え方」「新しいタイプの英語の授業」を創り出さなくてはならない・・・

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

新刊好評ランキング

(2015.6.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

宮廷祝宴局/チューダー王朝のエンターテインメント戦略

(著者)有路雍子/成沢和子

16世紀のイングランド、チューダー朝の宮廷に祝宴局が誕生した。保護と統制という2つの手段でシェイクスピアを生むエリザベス朝演劇の黄金時代を築き上げた。この宮廷を中心に繰り広げられた華やかなエンターテインメント戦略の舞台裏を当時を洗い出す。

四六判上製

270

2700円(税込)

4-7754-0073-8

2005年初版発行

   
    序章
    第一章 祝宴局の成立
    1 チューダー王朝の形成とエンターテインメント―ヘンリー七世の時代
    2 祝宴局の常設へ―ヘンリー八世の時代
    第二章 エリザベス朝初期の祝宴局
    1 エリザベス女王の祝宴局とその課題
    2 祝宴局とエンターテインメントの新しい方向
    第三章 エドムンド・ティルニーの登場
    1 ティルニー第三代祝宴局長に就任
    2 一五八一年のパテント―祝宴局長の権限
    3 ティルニーの時代へ
    第四章 女王一座
    1 中央劇団の結成
    2 一座の活動―中央と地方
    3 伝統的ドラマツルギーとその限界
    終章
    あとがき
    参考文献
    索引

■ 「出版ニュース」2005年5月上旬号に掲載されました。

〜祝宴局の設立(ヘンリー7世)から常設(ヘンリー8世)、さらにエリザベス朝初期からエドモンド・ティルニーの登場へと時代の変遷を追いながら、奨励と管理・規制の問題など当時の権力システムがエンターテインメントにどのように作用したか、宮廷と文学、芝居がどのような形で関わってきたのかを豊富な史料から明らかにしてみせる。〜同書評より

■ 「朝日新聞」2005年4月10日号に掲載されました。

〜本書は、歴代の王・女王治下に、表題の部局が、ショー、仮面劇、演劇を運営・管理、エリザベス1世時代には演劇の黄金期を築き、マーローと、シェークスピアを擁する2大劇団の時代をもたらしたと分析する。検閲役の面もあったにせよ、芸術を力づけたものが、あの時代かの国にはあったのだと、今日この国にいると複雑な気持ちだ。〜同記事より

前の画面へ戻る