単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
松柏社ホームページへようこそ

2018年度新刊一覧

2017年度新刊一覧

2016年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2014年度新刊一覧

2013年度新刊一覧

2012年度新刊一覧

2011年度新刊一覧

2010年度新刊一覧

2009年度新刊一覧

中国語教科書一覧

オンラインエクササイズはこちら

松柏社が提供する英語教科書準拠
スマートフォンアプリのご案内

英語教科書音声ダウンロード

見本請求に関して

新刊単行本案内

痕跡と祈りーーメルヴィルの小説世界

神なき時代ーー文学と祈りを主題に据えたメルヴィルの文学世界をめぐる近代小説論。新訳「ホーソーン・・・

国際語としての英語/進化する英語科教育法

これからの教師を目指す人は「新しい教え方」「新しいタイプの英語の授業」を創り出さなくてはならない・・・

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

新刊好評ランキング

(2015.6.1現在)

ホーム > 単行本 > 詳細情報

ヨーロッパの文化・文芸とケルト/学問を野に放つ試み

(著者)本田錦一郎

華麗なヨーロッパ文化史を、ジャンルを問わず追い求めていくと、さまざまな文化と出会う。ギリシャ・ローマ、キリスト教はもちろん、さらに遠いケルトも顕著な一例。これら往昔の文化の持続性と現代の文化変貌を、立体的かつリアルに描く一冊。

四六判上製

268

2700円(税込)

4-7754-0064-9

2004年刊

   
    はじめに
    I  ケルト文化について
    1. ヨーロッパ基層文化のひとつとして
    2. イギリス・ロマン派とケルト
    3. アイルランド文学とケルトの遺産

    II ヨーロッパにおける文化の主役交代
    1. ダンテからシェイクスピアへ
    2. イギリス・ルネッサンスの落子たち
           ―形而上派詩人の揺動―
    3. 「神々の死」も実相をさぐる

    III 世紀末美学の周辺
    1. ユイスマンス『さかしま』とその波紋
    2. ビアズリーとクリムト
    3. 批評家としてのアーサー・シモンズの航跡

    IV 二〇世紀の風景
    1. エリオットの生涯における三つの選択
    2. ダダとシュルレアリスム
    3. ジョイスと転成されたケルト文化

    主な参考文献
    おわりに

■ 「出版ニュース」2004年9月上旬号に掲載されました。

〜著者は、その全体図を示しながら文化の中心軸が神から人間へ変化してゆく近代から20世紀までのヨーロッパにおける文化の主役交代を描きだす。〜同書評より

■ 「週刊読書人」2004年7月16日号に掲載されました。

〜平易な文体で語り部が語るかのように「学問を野に放とう」と試みている。(中略)西欧文化という大きな主題をこのように巨視的に語られてみて、筆者は考え始める−活字離れの世ではあっても、良書とは、ひとを考えに誘うものだ、と。〜同書評より (原 孝一郎 氏=成蹊大学教授)

前の画面へ戻る