単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
エッセイ/写真/他

新刊単行本案内

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > エッセイ・写真・他 > 詳細情報

新版 黄色い星/ヨーロッパのユダヤ人迫害1933-1945

(訳)土屋 洋二/浜島 昭二/日野 安昭/森田 明/山本 淳

(編著)ゲルハルト・シェーンベルナー

一人のドイツ人によって編まれたナチスドイツのユダヤ人迫害に関する歴史写真集の古典。未公開のものを含む200枚以上の写真は、迫害した者された者の言葉を、文書資料は、歴史が制度や事件の歴史ではなく、怖れ、侮蔑、絶望、希望の歴史であることを語り始める。

A5判

352

2700円(税込)

4-7754-0059-2

2004年刊

   
    まえがき
    機.劵肇蕁爾離疋ぅ
    供ー存馨譽檗璽薀鵐
    掘.殴奪函
    検―乎捗道
    后^楞
    此\簗納容所
    察…餽
    次_鯤

■ 「週刊東洋経済」2004年10月16日号に掲載されました。

〜確かに本書に収録されている写真はおぞましい。普通目にする報道写真などではなく、加害者の立場にあったドイツ人が自分の手柄を記念するつもりで撮ったものだからである。〜同書評より

■ 「東京新聞」2004年9月12日号に掲載されました。

〜「ゲットー」から「絶滅収容所」までの迫害の経緯が、言葉を失わせるような数多くの写真でたどられる。〜同書評より

■ 「読売新聞」2004年8月29日号に掲載されました。

〜本書は、ヒトラーが政権奪取した1933年から始まる。集団銃殺、人体実験など「ユダヤ人を根絶やしにする計画」が頓挫した45年に至るまでを時系列に沿って再構成している。残虐な画面を支配するのは激情ではなく、むしろ静けさだ。大半の写真を第三帝国側が撮影している。(中略)同じ人間が、温かな絵を描き、見事な写真も撮る。この矛盾は人ごとではない。〜同書評より (市原 氏)

■ 「デーリー東北」2004年8月3日号、「十勝毎日新聞」2004年8月7日号、「茨城新聞」2004年8月8日号、「長野日報」2004年8月10日号、「北日本新聞」2004年8月15日号で紹介されました。

〜人類史上例を見ないジェノサイド。その凄惨なユダヤ人迫害の全ぼうを、200枚を超える写真と70以上の文書資料で再構築した歴史的記録集。(中略)人々の目に例えようもない恐怖や絶望が浮かぶ。〜同紹介より

■ 「京都新聞」2004年8月8日号に掲載されました。

〜それにしても本書の写真は恐ろしい。その恐ろしさは「これらが国家によって計画された何百万件もの犯罪の段階を追った記録だということである。そして、最も驚愕すべきは、この犯罪の現場を写しているのが人殺し連中自身だということである」と、ドイツのジャーナリストの編者は書いている。〜同書評より

前の画面へ戻る