単行本文学・人文学全般・社会シリーズエッセイ・写真・他雑誌実用・検定試験対策
テキスト語学教材論説・随筆文学・民話・専門課程初級・再履修コース向き
エッセイ/写真/他

新刊単行本案内

詩について/アンドルー・マーヴェルから

「いかにも、解釈を一つ誤れば身の破滅なのだ。彼らの会話に耳を澄ますなら、詩人が・・・

コケット/あるいはエライザ・ウォートンの物語

「結婚は友情の墓場ですもの。結婚なんて、本当に利己的な行為だと思いますわ。」若さと・・・

フォークナー 第19号/特集 フォークナーと都市

【特集】フォークナーと都市 ニューオーリンズのカラード・クレオールとしてのボン・・・

兄弟喧嘩のイギリス・アイルランド演劇

<兄弟喧嘩>というトポスを切り口に中世末期から19世紀末までのイギリス・アイル・・・

アメリカ小説をさがして

フィッツジェラルド『グレート・ギャッツビー』、ジョン・アーヴィング『ガープの世界』・・・

D. H. ロレンス書簡集 VIII / 1917-1918

第一次世界大戦終結までの、ロレンス苦闘の軌跡。兵役検査、スパイ疑惑によるコーンウォール退去命令・・・

アメリカ報道史/ジャーナリストの視点から観た米国史

植民地時代→21世紀初頭、アメリカ報道史を網羅した体系的メディア論の決定版! 全米ジャーナリズム・・・

アメリカ短編ベスト10

「アメリカ人のいろいろな生活、いろいろな考えかたを、まずは楽しんでもらいたい」という主旨のもと・・・

売れ筋ベスト5

(2016.3.28現在)

ホーム > 単行本 > エッセイ・写真・他 > 詳細情報

イギリスの道/フォトジェニックな英国記号論

(著者)山本 睦

ウィンザー城の前を歩く老紳士のすっと伸びた背筋、年中緑滴る草地でたたずむ羊たち、中世の大学の構内に植えられたハーブの群れ…これらの「記号」を拾いながら散歩すると、英国の素顔が見えてくる。多くの写真と共に綴るイギリス記号文化論。

A5判背角上製

188

2592円(税込)

4-7754-0053-3

2003年刊

   
  • 第0章 「道」にまつわる経緯

  • 第1章 「道」の中に「記号」を読む

  • 第2章 湖水地方の羊のいる道

  • 第3章 中世の回廊

  • 第3.5章 幕間ギャラリー

  • 第4章 「ロング・ウォーク(長い道)」に端を発する話

  • 第5章 水の道

  • 第6章 写真から抜け出して「現実」の「道」へ

  • 註釈

  • 参考文献

■ 「マンスリー・エム」2005年3月号に掲載されました。

〜イギリスの道に魅せられた著者自身が撮影したロンドンやスコットランド、湖水地方、アイオア島などの写真とともに綴るエッセイ。イギリス人ウォーカーの道の歩き方に関するエピソードや、思わずイギリスを旅したくなる美しい光景で構成されている。〜同書評より

■ 「英日文化」2004年9月号(No.78)に掲載されました。

〜写真には湖水地方、ケンブリッジ、ウィンザー、バース、ランカスター、アイオナ、ピトロホリーなどが含まれ、どれも美しく楽しい。ことにランカスター運河の写真は上下を逆に印刷し、著者の感性を反映させる効果を狙っておもしろい。このほか画面構成にも苦心の跡が見える。著者は、「道」に沿うさまざまな点景を英国を語る「記号」と見て、(中略)あるときは回想的に、またあるときは講義調で英国の人と文化を語ってゆく。〜同書評より (名取 多嘉雄 氏)

前の画面へ戻る